「半沢直樹」憎まれ役たちの“可愛い一面”。大和田は絵本作り、副頭取は女装…

女子SPA!

2020/8/2 15:45

 初回放送から話題のドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜夜9時~)。勧善懲悪で爽快なストーリーとあわせて、主人公の半沢(堺雅人)を追い詰める敵役たちの憎たらしさに満ちた顔芸も見どころ。

今回は、そんな“憎まれ役”の俳優陣が他のドラマや映像で見せている「かわいい顔、意外な顔」を紹介します。

◆大和田常務(香川照之)は昆虫大好きで絵本まで手がける

香川照之(54)の演じる東京中央銀行の大和田常務は、憎たらしさナンバーワン。半沢の敵ということもあり、ドラマ内では仏頂面で気難しそうな顔(時々変顔)をしている香川。

そんな香川は昆虫好きとしても知られており、NHKの教育番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」では、自ら監修したというカマキリの着ぐるみでMCをつとめ、「草むらを見るとムラムラする」など名言を連発。さらに、昆虫デザインの服育ブランドや、虫たちを主人公にした絵本も手がけています。

歯を食いしばって“恩返し”をする大和田常務の姿からは想像できない、昆虫愛にあふれた香川の姿。かわいらしいギャップを感じますね。

◆伊佐山部長(市川猿之助)は歌舞伎女形で艶のある美女に

半沢を憎み敵視している東京中央銀行の伊佐山部長を演じるのは、俳優で歌舞伎役者の市川猿之助(44)。

ふてぶてしい表情で憎たらしいセリフを毎週連発し、視聴者に「なんて嫌な奴なんだ」と思わせる最高の敵役を演じています。そんな彼ですが、四代目市川猿之助を襲名する前の市川亀治郎時代から、歌舞伎女形として活躍していました。

清楚な少女役から妖艶な娘までこなす演技の幅広さにファンも多く、色っぽい市川猿之助の女形の立ち姿は、伊佐山部長の姿からまったく想像できません。『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』では、超元気キャラの主人公ルフィも演じていましたね。いやはや、なんという幅広さ!

◆三笠副頭取(古田新太)はド派手なヘアメイクで女装教師に

大和田常務と、出世レースの火花を散らす三笠副頭取役を演じるのが古田新太(54)です。大和田と伊佐山が激しい顔芸で対決を繰り広げる中、三笠副頭取は、眉毛や目線の絶妙な動きを用いたサイレント顔芸で応戦しています。

口数は少なく大人しそうな風体ながらも、最も食えない三笠副頭取を好演する古田。ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)では女装家の高校教師役として、スカートを身にまといながら生徒たちに熱血指導。カラフルでド派手な衣装が、彼の強面と妙にマッチしていました。

◆中野渡頭取(北大路欣也)は「犬」やゲームのラスボスに

凄まじいオーラを放ち、その佇まいで場の空気を締める中野渡頭取を演じるのは、大御所俳優の北大路欣也(77)。

濃いメンツが揃っている中でも圧倒的な威圧感を漂わせている北大路ですが、ソフトバンクのCMでは白戸家の「お父さん犬」の声を演じているって知ってましたか? お茶目でチャーミングな声色、あれが中野渡頭取だったとは!

また、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」(スクウェア・エニックス)のCMでは、ドラクエⅠのラスボス「竜王」のコスプレをして話題になりました。どんな役柄でもやっぱり存在感は抜群です。

他にも、仲間を売って東京セントラル証券から銀行に戻った裏切り者・諸田を演じる池田成志が、NHK大河ドラマ「八重の桜」では厳かに大隈重信の役を演じていたり、東京中央銀行の「机バンバン」で有名な小木曽人事部次長を演じる緋田康人が元々はお笑い芸人だったりと、それぞれに“裏の顔”が。皆さんの「憎まれ役」以外の活躍を見ていると、思わずギャップに萌えてしまいます。

<文/瀧戸詠未>

【瀧戸詠未】

ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ