千鳥・大悟が女性を誘うときの一言に女性陣が絶賛!

Entame Plex

2020/8/2 13:49



テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は29日、ABEMA SPECIALチャンネルにて『チャンスの時間』#102を放送した。

この日の放送回では、アイドルの小池美由をスタジオゲストに迎え、お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長、グラビアアイドルの清水あいり、ABEMAアナウンサーの西澤由夏アナ、さらに第1回大会優勝者である

AKB48でタレントの野呂佳代が登場し、男性が意外と知らない“女性の本音”を歌にして暴露する企画「第2回 女性の本音を歌で伝えるグランプリ」を実施した。

挑戦者は一人ずつ歌を披露し、番組MCを務めるお笑いコンビ・千鳥の大悟が「最もためになった曲」は誰の曲なのか審査した。

トップバッターで登場したアンゴラ村長は、「『今から飲もう』の誘い嬉しいでも『軽く飲もう』はなんかイヤ『軽く飲もう』の“軽く”あるだけで逆に軽くないの分かる~」と、“男性からの飲みの誘い”についての本音をメロディにのせて熱唱。

アンゴラ村長の暴露に、千鳥のノブは「そうなんですか!?」「全然送ってます、『軽く飲もう』って」と驚きますが、大悟は「確かに。安心させようとするのが“軽く”に繋がってるもんな。じゃあ、なんで安心させようとしてんねんってことだもんな」と、“軽く”という言葉に含まれた意味を考察した。

続いて登場した清水は、早速、特技である“男性を惑わず関西弁あいうえお”を披露しスタジオの笑いを誘うと、「事の最中に感じたことを歌にしました」と前置きし、赤裸々な女心を歌にして告白。千鳥の2人は「素晴らしいですね」と拍手を送り、野呂は「共感するところがあります」と称賛。そして3番手には、本番組の進行を務める西澤アナが登場。

「SNSなどでの男性の誘い方にちょっと言いたいことがありまして…」と明かした西澤アナは、「『会いたい』『会わない?』『会えるかな』いろんな誘い方あるけど でも私分かってるのよ 遊んでる男は『会おうよ』~」と、渾身の一曲を披露。西澤アナの本音に、スタジオでは「“会う”って言葉は使わない」「『来れる?』はキモい」などと、男性の誘い文句について議論が展開される中、大悟は「こういう言い方はしません。なんとなく気づいてました、女の子に失礼だというのは」と語り、「じゃあなんて送るんですか?」との問いに、「遊んでよ」と、自身が女性を誘う際の一言を公開。そんな大悟の答えに、女性陣からは「『いいよ』って言いたくなる」「かわいい!」「熟知してる」と絶賛の声が上がった。

さらに続けて「(上から目線ではなく)常に下でいないとダメなんです」と、女性に対する心得を説く大悟に、ノブは「だから湧いて出てこないんだ、お前のは」と、大悟のスキャンダルを匂わせ、野呂も「一人一人を大事にしてるからね」と便乗。大悟は「何も出てこないよ」としながらも、「この一週間は震えてる」と、最近世間を騒がせたスキャンダルの陰で、ヒヤヒヤしていたと明かし、スタジオの笑いを誘っていた。

その後、女王・野呂が新曲を披露することに…果たして、「第2回女性の本音を歌で伝えるグランプリ」優勝は誰の手に!?

番組ではさらに、グラビアアイドルの都丸紗也華をゲストに迎え、人気情報バラエティー番組へのレギュラー出演を目指すお笑いコンビ・ななまがりが、リポートロケに挑戦する企画「ななまがりが話題のアクティビティ紹介スルンデス!」をお届け。今回は、千葉県にあるグランピング場からその魅力を伝えるリポートに挑戦。ツッコミ担当の初瀬悠太がABEMAアナウンサーの瀧山あかねアナとともに、大自然に囲まれた施設やアクティビティを紹介していきますが、行く先々でボケ担当の森下直人が待ち受けていて…。

“土のぬめりのチャモ”、“乳面犬”など架空動物シリーズや、「パラレルワールドから来た女優の香里奈です」と名乗る人物など、様々な架空のキャラクターに扮してボケまくる森下に千鳥は終始大爆笑。大悟が「あんな楽しいロケないやん」と太鼓判を押すななまがりのリポートは「ABEMAビデオ」にて放送後7日間、無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

(C)AbemaTV,Inc.

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ