『妖怪シェアハウス』“澪”小芝風花&“お岩さん”松本まりかの「うらめしや」ダンスに反響

 女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第1話が、1日に放送。澪(小芝)とお岩さん(松本まりか)が「うらめしや」ポーズを取りながらするダンスシーンに「突然のミュージカル調」「チューチュートレイン(笑)」などの反響が寄せられた。

本作は、ダメ男の元彼が原因でお金も仕事も住まいも奪われ、気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪(小芝)が、シェアハウスで出会ったお節介な幽霊や妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、成長していく姿を描くホラーコメディー。

借金取りに追われ、彼氏の健太郎(柾木玲弥)に助けを求めた澪。しかし健太郎の部屋には他の女性の姿が見え、澪は自分が2番目だったことに気付く。澪は健太郎に金を貸したため、借金取りに追われていたのだ。それだけでなく、職と住まいまで失ってしまった。

失意の中、道端で倒れてしまった澪は、四谷伊和(松本まりか)に助けられ、伊和が住むシェアハウスへ連れていかれる。空き部屋に泊まることになった澪は、夜中に目が覚め、妖怪たちが集まっている部屋をのぞいてしまう。人間に見えたシェアハウスの住人たちは、実は妖怪だったのだ。お互いに驚く澪と妖怪たち。白い顔で目を腫らした“お岩さん”役の松本や、角が生えた“酒呑童子“役の毎熊克哉の姿にネットでは「キャスティングが神」「キャストが秀逸」「私もちょっと住みたいかも」などの声が寄せられた。

健太郎を許せない伊和は、健太郎をだましてシェアハウスに連れ込む。伊和は、健太郎のクズっぷりを確認すると、怒りのあまり澪の前で妖怪“お岩さん”の姿に。驚く澪だったが、お岩さんに見つめられると、お岩さんが憑依してしまう。座敷わらし(池谷のぶえ)の唄に合わせ、「うらめしや」のポーズで踊り出す澪とお岩さん。このシーンには「お岩さんかわいい」「突然のミュージカル調」「眼福なドラマ」「チューチュートレイン(笑)」など絶賛の声が相次いだ。

また、個性豊かな妖怪たちが住むシェアハウスという設定に「おもしろすぎる」「控えめに言って最高」「楽しくてキュートなドラマ!」などのコメントも寄せられている。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ