指原莉乃、小倉優香“降板直訴”の言動を分析 - 自分は「するわけない」


タレントの指原莉乃が、2日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、グラビアアイドル・小倉優香がラジオ生放送中に降板を直訴したことについてコメントした。

小倉は、7月29日放送のMBSラジオ番組『アッパレやってまーす! 水曜日』(22:00~)の終了間際、「朝早く起きて夜早く寝る生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と自ら降板を申し出た。

このことについて意見を求められた指原は、「その方がお互いにとってお得じゃないですか?」と投げかけ、「彼女もそのくらいの覚悟でやりたくないわけですし、本人も必要とされてない雰囲気ってあるじゃないですか? 『私、別にいなくてもいいかも』っていう」「番組側もそこまで言われてまで出てほしくないだろうし」と推測。

司会の東野幸治から「指原さんが小倉さんの立場だったら、こんなことします?」と聞かれると、「するわけないじゃないですか! こんなこと」と即答し、「だって、ありがたいって思うじゃないですか」と苦笑した。

「彼女はきっと、『もう芸能界の仕事いらない』という覚悟で言ってませんか」と発言の真意を分析した指原。「私も全く分からないけど」と前置きした上で、「じゃないとこんなこと言えないんじゃない?って思います」と締めくくっていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ