彼氏の束縛がしんどいときの対処法5つ&別れたほうがいい“怖いパターン”

ウレぴあ総研

2020/8/2 10:30

彼氏に愛されすぎて辛いなんて、誰にも相談できませんよね。本人は真面目に悩んでいても、周りに話せば「それは贅沢だよ」と言われてしまうからです。

筆者もかつて束縛が強い男性と付き合ったことがありますが、毎日自分のすることなすことを逐一報告するのは、とても窮屈でした。

どこかでストレスを感じていながらも、「大好きだよ」と話す彼氏に嫌悪感を抱いたこともあります。

「好きでいてくれるのに悪いな」と思いつつも、我慢はやがて無理がくるものです。

彼氏が重いときは別れも視野にいれつつ、話し合いに運ぶのもいいでしょう。話し合いで解決できるのなら、これ以上のことはありません。

今回は、彼氏の愛情が「重い」と感じるケースと、その対処法を紹介します。

■彼氏の束縛が重い…困ったときの対処法

■1: 愛情表現が怖いとそれとなく伝える

「いますぐ結婚したいくらい好き」など、まるでうっとりするような幸せな言葉ですが、これは女性側の気持ちが男性に比例していなければ「重い」と感じてしまうことも多いと思います。

「ありがとう」と言って見せても、彼氏は「私も結婚したい」というあなたからの返しがないことに不満を感じていることもあるでしょう。

そんなときは「結婚したいほど好き」ということを汲んであげるのがベスト。

「そんなに好きでいてくれてるんだね」と認めたうえで「でも親族も含む大切なことだから、ふたりで決めようね」と律することが必要になります。

■2: 「束縛されていると感じる」と伝える

彼氏に予定を報告する義務もないですし、あなたの行動を制限されるようなことはきちんと怒る。これをできていない人も多いのではないでしょうか。

「ありがとう」などのお礼を言うことは、束縛彼氏に「喜んでいる」と勘違いさせてしまう原因になるからです。

恋人なのですから、いやなことは「いやだ」と伝えた方がお互いのためし、許せないところはしっかりと線引きをしたいものです。

ストレートに「束縛に感じるよ」と伝えるのもいいでしょう。束縛されることで、あなた自身がどんな気持ちになるのかも併せて伝えましょう。

■3: それぞれ一人の時間を持つ

似ているようで非なるものに「好き」と「依存」があるります。

多くの男性は「好きだから付き合っている」と勘違いしていますが、なかには依存状態であることもたしかに存在します。

「暇になって寂しいから」という理由で彼女を呼び出したり、「一緒にいないと落ち着かない」という心境になったりするのは依存状態であるということを、まずは理解したいですね。

あえて連絡を遅らせるなどして、あなたの時間を優先させていいと思います。

それでも彼氏がしつこく連絡してきたり、急に自宅に来訪してくるようなら別れを考えた方が良いかも。

自分のメンタルコントロールができない、すなわち自立できていない人との恋愛は共倒れになる可能性が高いからです。

付き合っていると、つい「彼女も同じくらい愛してくれている」という錯覚に陥りますが、その都度ふたりのなかで釣り合っているとは考えられません。

本当にあなたのことを思いやり考えてくれる男性の場合は、追いつかない彼女の感情さえも大切にして待っていてくれるものです。

「仕事と友達と俺、どれが大事なの?」などと、つまらないことで怒り出す彼氏は、時間の問題で破局を迎えます。



■4: 嫉妬させない

嫉妬からくる束縛もあります。日頃は過度な束縛を感じないにも関わらず、あるときから急に彼氏の言動がおかしくなったりしたら注意が必要です。

あなたのSNSなどをチェックして、勝手に嫉妬している可能性も高いからです。

彼氏に嫉妬をさせると「僕はこんなに好きなのに」と勝手に裏切られた気分になる人は多くいます。

もし予期せぬタイミングで彼氏が嫉妬してしまった場合は、きちんと説明してあげましょう。

それでも「もう誰にも会うな」などと彼氏が指示する場合は、そもそも二人の信頼関係は危ういものになっている証拠。

また、愛情を確かめるために、わざと嫉妬させる女性もいますが控えた方が無難ですね。

■5: デートを楽しむ

好きかどうかわからないと誰だって不安ですよね。彼氏は「僕のこと好き?」と自信がないのかもしれません。シャイな女性や口下手な女性は特にそう思われます。

愛情を伝える手段は、言葉だけではありません。プレゼントなどでもなく、その共有している時間を「いかに二人で楽しめるか」にかかっています。

デートの時に思っていることをしっかりと彼氏に伝えましょう。

楽しいときや幸せなときほど、人は感情を口に出しません。しかし、言われないと相手は「不満や喧嘩のときだけ意見を言ってくる」と誤解が生じます。

恥ずかしい場合は、表情やデートプランで「あなたのことがちゃんと好きだよ」と愛情を彼氏に示せるといいですね。

■度を超えすぎな「別れたほうがいいパターン」とは?

彼氏が重すぎて、あなたの精神を病ませるくらいの束縛だったら別れた方が良いかも。しかし、そのときにはすでに正常な思考回路を維持できなくなっている人も多くいます。

違和感があったら、そのまま放置するのではなく、冷静に自分の感情を分析することが大事です。

彼氏の気持ちも大事かとは思いますが、その恋愛をどう思うかはあなたの自由です。あなた自身の気持ちを、最も大切にしましょう。

■1: 約束もしてないのに家に押しかけてくる

社会人になって、約束もしていないのに「会いたい」と一方的な感情を押し付けてくるのは、常識外れです。

記念日や誕生日などで、お茶目な彼氏の場合は急に押しかけてくることもサプライズの一つとして考えられますが、そうでもないのに四六時中あなたの家や最寄り駅で待っているのは考えものです。

彼女であるあなたの時間を大事にしていないか、「僕のこと好きだから行ってあげようかな」と勘違いしている可能性もあります。

自分本位で考えるのはモラハラの兆候です。注意して日頃の彼の言動に目を向けましょう。

■2: 連絡をすぐに返さないと怒る

少し連絡が取れなくなったくらいで、連続して着信があったりLINEやメールなどで所在確認をしてくるのは普通ではありません。

彼氏にそこまで逐一報告する必要はないからです。自分の「所有物」としてみている可能性があり、だからこそ近くにないと落ち着かないだけなのです。

自分のライフスタイルを削って、彼氏に無理して合わせるような生活では、いずれ破綻してしまいます。

連絡事態が仕事の支障になることもありますので、付き合いを改めた方が良さそうです。

■3: 自分の把握していないあなたがいると不機嫌になる

自分が知らない彼女の様子や、他人と話している彼女をみて勝手に不機嫌になる彼氏の場合は明らかな「モラハラ」です。

いくら好きな人とはいえど、その人だけと手を取り合っていける人生ではありません。

彼氏があなたの欲求を全て満たせるわけでもないですし、あなた自身にも「彼氏の前の自分」と「家族や友人の前の自分」では違いがあるはずです。その楽しさも違いがあるでしょう。

それなのに「聞いてないぞ」「俺だけでいいだろ」と自信が過剰で、彼女の都合を全く考えない男性は、別れを切り出しましょう。別れを出しても、しつこい場合は警察に相談します。

「これだけ愛しているのに」「別れたら死ぬ」などいうような場合でも、応答は決してしないようにしましょう。彼女ありきで自信を保ち、生活を保っている男性の証拠です。

あなたがいないからと自殺を考える男性は、それまでの人生に価値を見いだせないような人柄ということです。そのような男性は、あなたと付き合うに値する魅力的な男性ではありません。



彼氏のことを「重い」といっても、そこには様々な原因があります。嫉妬が原因ならば、自分の行動を振り返ってみるのも大事です。

しかし、嫉妬が原因とはいえ「知らない人に道を教えただけで嫉妬する彼氏」などの場合は注意が必要です。

それでは普通の生活を送れないからです。

恋愛は、価値観が一致しているからこそ、居心地がよく楽しいのです。自分を否定しはじめたり、我慢が続くばかりの恋愛は考え直してみましょう。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ