ショーン・ペン、還暦直前に28歳女優と3度目の結婚か

俳優ショーン・ペン(59)が、2016年より交際していた恋人レイラ・ジョージ(28)とゴールインしたことが報じられた。米時間7月31日に両者を知る友人がInstagramで2人の結婚を祝福したことで明らかになった。

歌手マドンナ、女優ロビン・ライトとの結婚を経て、2013年後半から2015年半ばまで女優シャーリーズ・セロンと交際していた俳優のショーン・ペン。その後、2016年からは女優レイラ・ジョージと交際している。レイラは、ドラマ『LAW&ORDER:犯罪心理捜査班』や映画『メン・イン・ブラック』などで知られる個性派俳優ヴィンセント・ドノフリオを父に、イタリア出身の女優グレタ・スカッキを母に持つ芸能一家の出身で、1992年生まれの28歳だ。ショーンとの年齢差はなんと31歳! レイラの母親とショーンはともに1960年生まれで、ショーンが2度目の結婚でもうけた長女ディランさんが1991年、息子ホッパーさんは1993年生まれであり、ショーンの娘といっても通用する年齢差だ。

まだ若く美しいレイラは、俳優としてはもちろんのこと自身の立ち上げた非営利組織「CORE(Community Organized Relief Effort)」を通じ慈善活動にも熱心なショーンを大変尊敬しているようで、今年4月にはロサンゼルス市内の新型コロナウイルス検査所にて訪れた多数の車を誘導するショーンとともにマスクや手袋、防護服を着用しボランティア活動に励む姿が目撃されていた。

そんなショーンとレイラが「極秘結婚した」というニュースが浮上したのは、米時間7月31日のこと。『ブラック・スワン』などで知られる映画プロデューサー、マイク・メダヴォイの妻でショーンとレイラをよく知るイリーナ・メダヴォイさんが、自身のInstagramにツーショット写真などを公開し、

「私達はレイラ・ジョージとショーン・ペンの結婚を心から祝福しています。」

「あなた達は一緒になる運命でした。」

などと綴ったのである。そこには結婚指輪らしきものをはめた2つの左手のクローズアップ写真も投稿されており、一方の手にはブルーのサファイアをあしらった指輪も写っている。この指輪は今年1月に開催された「CORE」のガラでレイラが左薬指につけていたものと同一と見られることから、クローズアップ写真に写る2つの左手がショーンとレイラのものである可能性は極めて高い。

ショーンとレイラは7月29日に、ショーンの息子ホッパーさんとともにマリブの高級日本食レストラン「Nobu」から出るところをキャッチされたばかりだったが、その時には2人が結婚指輪らしきものをはめている様子は見られなかった。俳優ジョシュ・ブローリンや女優ロザンナ・アークエットはイリーナ・メタヴォイさんのInstagramに2人の結婚を祝福するコメントを残していたが、同投稿は米時間8月1日午後になって突然削除されてしまっている。

今後、ショーン、レイラから正式に結婚の報告があるかどうか、引き続き動向に注目していきたい。ちなみに結婚が事実であれば、レイラにとっては初婚、今月17日が誕生日のショーンは還暦直前に3度目のゴールインを果たしたこととなる。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ