簡単にエコバッグに変身♡カジュアルに使える人気の風呂敷

Sheage

2020/8/2 09:20


中身に合わせて形を変え、巾着やバッグなどのように持ち運べる風呂敷。最近は洋服に合わせやすい色柄や洗える素材のアイテムが数多く登場しており、さらにエコバッグとしても使えると注目を集めているのだとか。そこで今回は、小田急百貨店新宿店の呉服売場がおすすめする風呂敷とその意外な使い道もご紹介します。

草花やパンを入れたかごのようなモダンなデザイン


photo
出典:https://sheage.jp/article/62777

最近は洋服に合わせても違和感のないモダンな模様のアイテムも増えている風呂敷。なかでも小田急百貨店新宿店の一押しは、「MISATO ASAYAMA」のアイテム。

明るく大胆な模様が描かれていて、バッグ型に結ぶと、まるで色とりどりの草花やハーブが入ったバスケットを手に提げているように見えるもの(写真左)や、紙袋からパンとワインがのぞいているようなもの(写真右)などがあります。持っていると目を引き、装いのポイントになる楽しいデザインばかりです。

濡れても気にならない撥水加工の風呂敷


photo
出典:https://sheage.jp/article/62777

続いては、ポリエステル素材の撥水加工風呂敷「アクアドロップ」。こちらは水を入れて運べるほどの強い撥水コーティングが施されており、濡れるのが気になりません。

そのおかげで雨の日にエコバッグとして使ったり、レインカバーとしてバッグや自転車の前かごを覆ったり、ジムやプールに通う際に濡れた衣類を包むこともできてとても便利です。

アウトドアや非常時にも大活躍


photo
出典:https://sheage.jp/article/62777

ものを包んで運ぶ以外にも、テーブルクロスにしたり、目隠ししたい場所を覆ったりといった使い道がある風呂敷。撥水加工されたものはさらに、レジャーシート感覚で敷物にすることもでき、ピクニックやキャンプでも活躍します。

また、けがをしたときに三角巾のようにする結び方が模様として描かれているアイテムもあり、1枚持っておくと安心です。

気軽に使える素材の風呂敷がたくさん


photo
出典:https://sheage.jp/article/62777

小田急百貨店の呉服売場では、和装のときや冠婚葬祭などで使用する「正絹」の風呂敷以外に、上で紹介したような綿やポリエステル素材のアイテムを多数く取り揃えています。

これらは洗うことができるため、日常的に気兼ねなく使えるのが嬉しいところ。また正方形のフラットな形は小さく折り畳めるので、エコバッグ代わりにバッグの中に入れていてもかさばりません。2,000円~3,000円台のお手頃な価格なので、好きな模様をいくつか集めるのもおすすめです。

かわいい模様で気軽に使えるカジュアルな風呂敷。あなたも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

writer / まどか
 photo / 小田急百貨店

取材協力

小田急百貨店
東京都新宿区西新宿1丁目1番3号
http://www.odakyu-dept.co.jp/

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ