マイナンバーカード「交付申請済み」は4割 - マイナポイントの申込みは?


ロイヤリティ マーケティングは7月30日、「マイナポイント」に関する調査結果を発表した。調査は7月10日~13日、「Pontaリサーチ」会員3,000名(性年代別各300名)を対象にインターネットで行われた。

マイナンバーカード交付の申請状況を調べたところ、「交付の申請済み」という人はおよそ4割(40.1%)。男性20代・30代では5割を超えた。

申請のきっかけについては、「マイナポイントの申込」(36.3%)が最も多く、申請時期は「2020年」(34.0%)が最多となった。

次に、マイナポイントについて調査を実施した。その結果、マイナポイントの認知度は、「知っている」が52.3%、「名前を聞いたことがある程度」は34.7%となった。

マイナポイントの申込状況については、「申し込み手続きを完了した」という人は1割(10.0%)だったものの、「予約をしたが、申し込み手続きは行っていない」(5.8%)や「申し込みたいが、手続きはしていない」(47.1%)など、6割以上の人に利用意向があることが明らかに。その割合は、特に、普段からスマホ決済を多く利用している人で高く、75%を超えた。

また、マイナポイントの利用意向がある人に対し、「マイナポイントによって、キャッシュレス決済で使う金額はどうなりますか?」と質問したところ、29.3%が「金額が増えると思う」と回答。マイナポイントに登録したキャッシュレス決済手段を利用する店舗を聞くと、1位「コンビニエンスストア」、2位「スーパーマーケット」、3位「ドラッグストア」となった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ