「いきものがかり」吉岡聖恵、一般男性と結婚 メンバー祝福「大切な仲間。本当におめでとう」

 3人組バンド「いきものがかり」のボーカル吉岡聖恵(36)が1日、結婚したことを公式サイトで発表した。相手は一般男性で、この日、婚姻届を提出した。妊娠はしておらず、今後も仕事を続ける。

 吉岡は相手の男性について「私のことを一人の人間として、そして一人の歌い手として心の底から受け止め、包み込んでくれる、優しく真っすぐな心を持った方」と紹介。活動の支えとなっているようで「私の人生においてとても大切な“歌うこと”に対しても大きな理解を示してくれています」とつづった。

 自身のインスタグラムでも、2輪のひまわりの写真を添えて報告した。ファンに向けて「これからも皆さまへの感謝の気持ちを大切に、一人の人間として成長し、歌手としても素敵な歌を末永く届けていけるように、より一層精進してまいります」と誓った。

 同バンドの既婚者は、リーダーでギタリストの水野良樹(37)に次いで2人目。水野はツイッターで「“お幸せに”ってこれまでも何度か言ってきた言葉だけれど、今回はことさら熱がこもっちゃいますね。だって大切な仲間ですから。本当におめでとう」と祝福した。

 ◆吉岡 聖恵(よしおか・きよえ)1984年(昭59)2月29日生まれ、神奈川県出身の36歳。99年に水野良樹と山下穂尊が結成したいきものがかりに加入。06年に「SAKURA」でメジャーデビュー。ヒット曲に「YELL」「ありがとう」など。12年にNHKロンドン五輪テーマ曲「風が吹いている」を歌い、紅白歌合戦で紅組トリを務めた。18年にソロデビューした。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ