小倉優香 ラジオ降板直訴後、引き留め“無視”し現場立ち去る…番組側は混乱

 ラジオの生放送中に「辞めさせてください」と降板を直訴し、波紋を広げているモデルの小倉優香(21)が、放送終了後にマネジャーを“無視”して現場を立ち去っていたことが1日、分かった。

 小倉は先月29日深夜に、MBSラジオ(大阪市)の「アッパレやってまーす!水曜日」に出演。終了間際に突如、問題の発言をした。ラジオ局関係者によると「何も知らされていなかったマネジャーは放送を終えた小倉さんを問い詰めようとしたが、本人はほとんど話を聞くことなく、振り切って、そそくさとスタジオを出て行った」という。小倉は気さくで、番組スタッフからの評判は悪くなかったといい、型破りな行動に番組側の混乱が広がっている。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ