コールマンの「コット」は家の中でも活躍するスグレモノ! キャンプ気分も味わえて気分転換になるね

roomie

2020/8/1 22:01

なかなかキャンプに行けないタイミングでも、無駄になることのないアウトドアアイテムたち。

特に「コット」は、部屋の中で使っても快適なスグレモノです。

急な来客にもぱっと対応できる簡易ベッド
[caption id="attachment_510146" align="alignnone" width="1200"] コールマン(Coleman) トレイルヘッドコット 5,325円(Amazonでの4/11時点の価格)[/caption]

私が愛用しているのは、コールマンから販売されている「トレイルヘッドコット」。

まさに簡易ベッドです。使用時のサイズは、長さ約190×幅約87×高さ約40cm

シングルベッドに引けをとらないサイズ感。

src="https://m.media-amazon.com/images/I/41trCrJVckL.jpg" alt="Coleman コットコンバータ 2000020282">

こちらもオススメ:Coleman コットコンバータ 2000020282
¥7,800 target="_blank">Amazonで見てみる

組み立ても工具いらず


さっそく組み立てます。

収納ケースから取り出すとこのように本体とフレームが2本入っています。

工具不要で誰でも組み立てが可能



サイズは大きめなので、できるだけ周囲に人やものがない場所で組み立てるといいかもしれません。



本体を拡げたら、上下のシート先端部分にフレームを通して固定します。

ピンと、シートを張る感覚。

フレームのコネクター部分にはめ込んだら組み立て終了!

あとは、思う存分の寝転がるだけ


はっきりいいます……。うん、寝心地最高

こちらのコットは、約80kgまで耐えられます

ベンチとして二人がけするときは、左右70kgまで使うことが可能



シートも程よい張りがあって、身体をしっかりと支えてくれますよ。

ポリエステル製だから、耐久性もあって濡れても乾きやすくお手入れもラクチン。
嬉しいサイドポケット付き


本体には、ランタンロゴがあしらわれたメッシュのサイドポケットが。

スマホも入るし、ドリンクホルダーとしても重宝しています。

気になるところ:フレームをセットするのにコツがいる&重い


気になるところは、組み立て時にフレームを固定する時。

少し力を入れて引っ張りながら、シートを固定しなければならず、ひと苦労。

できたら、2人で組み立て作業するほうが手間がかからず済むかもしれません。

あと……やはり一番気になるのが、重さ9kgあるんです。重すぎるので、アウトドア時は車移動が必須。家にぴったりなアイテムなんです。

コンパクトになるよ


持ち手付きの専用ケースに収納してしまえば、部屋ならどこでも持ち運び可能です。しかし重い……。

収納時は、長さ約93×厚さ約18cmとコンパクトに。

最近はこのヘッドコットに寝そべって、Netflixをチェックするのが日課。この時間が何よりのリラックスタイムになっています。

急な来客にも対応できて、簡易ベッドにもピッタリ。むしろ、これを持ってどこかに泊まりに押しかけるのもいいのでは。

コールマン、いい仕事してます!

トレイルヘッド™コット [コールマン]

※本記事は2019年4月14日に掲載された記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by むく太郎

src="https://m.media-amazon.com/images/I/41trCrJVckL.jpg" alt="Coleman コットコンバータ 2000020282">

こちらもオススメ:Coleman コットコンバータ 2000020282
¥7,800 target="_blank">Amazonで見てみる

合わせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/07/641523/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/04/610208/#cxrecs_s"]

当記事はroomieの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ