梅原裕一郎、早見沙織、鈴木達央の写真が到着 音楽朗読劇READING HIGH『THANATOS~タナトス~』8/1公演アーカイブ&8/2公演の生配信視聴チケット発売中

SPICE

2020/8/1 21:59


3.5次元音楽朗読劇ブランド「READING HIGH」最新作『THANATOS~タナトス~』の生配信上演が、本日8月1日(土)よりスタート。初の生配信公演初日となった8月1日(土)19:00回に出演した、梅原裕一郎、早見沙織、鈴木達央の写真が到着した。

明日8月2日(日)<13:30回/18:00回>には、梅原裕一郎(エドムント・アインハルト役)、早見沙織(ルナ・ワルポール役)、福山潤(デイヴィッド・スウェイン警部役)が出演する。

配信視聴チケットは、イープラス「Streaming+(ストリーミングプラス)」にて好評発売中。全公演、生配信終了後に期間限定でアーカイブ配信も視聴可能だ。

タナトス稽古場対談(梅原裕一郎×早見沙織×藤沢文翁)

鈴木達央「稀有な経験をさせて頂きました」


初日公演の幕が下りステージが明るくなると、梅原裕一郎から、ミュージシャンの榊原大(ピアノ)、村中俊之(チェロ)、そして出演キャストの早見沙織、鈴木達央を紹介。

初日のみの参加となる鈴木は、「楽しい時間でした。こうして衣装を作っていただいて、生演奏での舞台に立つのは自身としては初めてだったので、稀有な経験をさせて頂きました。できればみなさんに会場にきていただいて、体験していただくのも楽しみにしてはいたのですが、今回は画面の向こう側で楽しんでいただくことを一番に、少しでも何かいいものが残っていたらうれしいなと思っています。ありがとうございました。」とメッセージを送った。Wキャストとなるデイヴィッド・スウェイン警部役は、8月2日(日)の公演では福山潤が演じる。

今回は、通常千秋楽のみに行われているスペシャルカーテンコールが3公演全てで実施されるのも見どころ。村中俊之(チェロ)と榊原大(ピアノ)による生演奏を、毎回違う楽曲で堪能できる。8月2日(日)の生配信もお見逃しなく!

「READING HIGH」とは、ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢文翁と立ち上げた3.5次元音楽朗読劇ブランド。第5回公演『THANATOS~タナトス~』は、2018年7月7日に上演された『HYPNAGOGIA~ヒプナゴギア~』と姉妹作。ロンドンを舞台に、幽霊船事件の唯一の生存者である女性にまつわる物語を描く。原作・脚本・演出は藤沢文翁。

(C)READING HIGH
(C)READING HIGH

【ストーリー】


1899年。霧の都、ロンドンは幽霊船事件の話題でもちきりだった。事件の鍵は、唯一の生存者である彼女の記憶の中に…。

1899年、大富豪アーサー・ポールが個人所有していた豪華な船が、みるも無残な漂流船として発見された。生存者はたった一人の女性ルナ・ワルポール(早見沙織)。他の乗組員の姿はなく、女性は記憶を失っていた。この事件は「幽霊船事件」として、ロンドン中を駆け巡った。全ての答えは封印された彼女の記憶の中にある。

天才心理学者エドムント・アインハルト(梅原裕一郎)、スコットランドヤードのデイヴィッド・スウェイン警部(※鈴木達央/福山潤)が挑むサイコサスペンス。彼女の記憶は再び海を漂流する。

※Wキャスト。鈴木達央は【1公演目】2020年8月1日出演。福山潤は【2公演目】2020年8月2日(日)13:30【3公演目】2020年8月2日(日)18:00に出演。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ