「“人間って面白いな”って思えるように…」シソンヌ・じろう “自分のルーツを探す旅”のススメ

TOKYO FM+

2020/8/1 19:00

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

7月9日(木)のお客様は、AKB48の峯岸みなみさんとお笑いコンビ・シソンヌのじろうさんです。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!



(左から)峯岸みなみさん、シソンヌ・じろうさん、アキボト

◆「一癖ある方がリアルに見えてくる」(じろう)
峯岸:(AKB48を)卒業したら、お芝居を観るのが好きなので、やってみたいなって思うんですけど……“こんなの聞かれても”って思うかもしれませんけど、“他人を演じるコツ”って、何かありますか?

じろう:人間って、みんな“癖”を持っていると思うんですよ。ちょっとした手の動きとか目の動きとか。僕はそういうアクセントを1個付けることで、キャラクターとしての“厚み”を持たせていくというか。ただ立って、うまくしゃべっているよりは、一癖ある方が人間としてリアルに見えてくる。そういうことをすることが多いですね。

峯岸:それはじゃあ、日頃の無意識での人間観察が活きてくるんですかね。

じろう:そうなんですかね。“人の癖をみつけよう”とはしていますけどね。

峯岸:えー、怖っ(笑)。だからリアルなんですね。

じろう:(笑)。あと、自分の癖も自分で(みつける)。自分さえもみているみたいなことがあります。“今、自分はこの癖をしているな”とか。

峯岸:例えば何かありますか? 自分の癖。

じろう:僕、いつも腕時計をしていないのに、やることがなくなったら腕を(時計をつけているかのように)自然と見ちゃったりとか。

峯岸:その癖使えそうですね(笑)。

じろう:あと、体がすごく縦揺れしたり、横揺れしたりとかも。足をパタパタさせたりすることもありますね。“今、飽きているんだろうな”とか。自分のことなんだけど、自分をすごく分析したがりますね。

峯岸:分析か。

じろう:それをやると結構楽しいですよ。“自分がなんで今こう思ったのか”って。例えば、人に対してイラッとしたときに、“今、私イラッとしたよね。でもこのイラッとしたルーツは、どこにあるんだろう?”って、すごい記憶を……。

峯岸:巻き戻して。

じろう:子どもの頃までさかのぼったりして。他人からしたら何でもないことが、自分は気になったりすることってあるじゃないですか。“今、なんでジュースをそこに置いたの?”とか。そういうことでも、ルーツは絶対にあるんですよ。それを探る旅をしたりします。そうしたら多分、もっと人間のことが好きになるし、“人間って面白いな”って思えると思うんですよ。

峯岸:すごい。そんなこと考えたことはなかったです。

じろう:ちょっと自分分析から始めてみたら? 面白いですよ。

峯岸:“自分と向き合うかぁ……”全然してこなかったなぁ(笑)。

(中略)

峯岸:勉強になりました、“自分のルーツ”。めっちゃ良い話じゃないですか! ちょっとメモります。

じろう:みんな自分のルーツ探しをしたら、揉めることとかなくなると思うんだよな。

峯岸:そんなにすごいんですか? “自分のルーツを探す”って。

じろう:“なんで今怒っているんだろう?”っていう選択肢があったら、怒ったときに1個落ち着くというか。ムカつくことがあったときに、“あれ? なんでこんなに今ムカついたんだろう”っていう。相手じゃなくて、自分に対しての疑問を1個持ったら、怒りも半減すると思う。対象がもう1個できるから。

峯岸:ルーツを探った結果、怒りが収まるというよりは、“ルーツを探ろうとする”っていう脳になることで、1回鎮まるということですか?

じろう:鎮まるし、次にそういう場面になったときに落ち着けるというか。

峯岸:確かに。 特に女の子とかは、イラッとすると騒ぐかもしれない。私もなんですけど(笑)、(言葉が)止まらないんですよね。それで、後から“あんなふうに言うことじゃなかったよな”って、めっちゃ後悔するんですよね。だから1回、ルーツ探しの旅に出て自分を鎮静化することが大事ですね。

じろう:良いと思いますよ。

峯岸:焼け野原の人生だったので(笑)。そうしてみます。

じろう:焼け野原になるのにも、ルーツがあるということだから(笑)。“なんで私は歩いた所が全部燃えていくんだろう”って。それは多分、子どものときの何かだったり。

峯岸:そんなに根深いものなのかな? 意識してみます。それは、子どものときからやっているのですか?

じろう:いや、子どものときではないかな。いつからだろうな……。

峯岸:気づいたら?

じろう:うん。

峯岸:じゃあ、今からでも遅すぎるっていうことはないですね。

じろう:全然ないと思いますよ。出ましょう、自分探しの旅に!

峯岸:確かに今、旅行も行けないし。自分探しの旅に出かけます!

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月3日(月)乃木坂46・山崎怜奈さん×井沢元彦さん(作家)
8月4日(火)ノゾエ征爾さん(劇作家)×バッファロー五郎・竹若元博さん
8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶シソンヌ・じろう カンペを読むのがすごい嫌!……続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ