中島みゆき、過去に劇場で公開されたコンサート3作品を大阪・フェスティバルホールで特別上映決定

SPICE

2020/8/1 15:30


8月26日(水)~31日(月)までの計6日間、大阪・フェスティバルホールにて、『中島みゆきコンサート 劇場版』3作品の特別上映会を開催されることが決定した。

本上映会は、2020年2月、5月に予定していた『中島みゆき 2020 ラスト・ツアー「結果オーライ」』が、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府からのイベント開催自粛要請のため、2月26日(水)の初日公演のみの開催となったことを受け、特別に開催されるもの。

上映会当日は、「手指消毒の徹底」や「1席ずつ間隔をあけての配席」のほか、感染症拡大防止に関する万全の対策を講じた上で、安心して楽しめるように態勢を整えて行われる。

チケットは、8月2日(日)午前10:00より、フェスティバルホール チケットセンターにて1階指定席、イープラスほか各プレイガイドにて入場整理番号付きの2階自由席が販売開始される。

なお、上映される3作品は以下の通り。

●8月26日(水)、8月27日(木) 『中島みゆきLIVE「歌旅劇場版」』


日本を代表するシンガーソングライター・中島みゆきが2007年に全国17カ所で行い、10万人を動員した『中島みゆきコンサートツアー2007』の模様を収録した『歌旅 中島みゆきコンサートツアー2007』を再編集し、映画館での上映 のために新たに製作された劇場版。「地上の星」「ファイト!」「糸」「宙船(そらふね)」などのヒット曲を網羅している。

●8月28日(金)、8月29日(土) 中島みゆき『縁会2012~3 劇場版』


中島みゆきが、2012年10月25日から13年5月23日のフェスティバルホールのこけら落とし公演まで、全国13会場で行ったコンサートツアー『縁会 2012~3』を映像化。ミリオンヒット曲「空と君のあいだに」をはじめ、「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」「時代」といったおなじみの楽曲や、27年ぶりにコンサートで披露された「世情」など20曲を収録。

●8月30日(日)、8月31日(月) 中島みゆきConcert『一会』2015~2016 劇場版●


2015年11月12日~16年2月11日に東京・大阪で計15公演が行われた『中島みゆき Concert「一会(いちえ)」2015~2016』の模様を収録した。ミリオンヒットを記録した「旅人のうた」「浅い眠り」、NHK連続テレビ小説『マッサン』主題歌として広く知られる中島の新たな代表曲「麦の唄」など、新旧織り交ぜた20曲を圧巻の歌声で披露したコンサートの模様を収録。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ