崎山つばさ・安井謙太郎ら出演、舞台『死神遣いの事件帖』大阪公演配信決定


舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』の大阪公演ライブ配信決定が1日、発表された。

同作は東映と東映ビデオが立ち上げた、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」の第2弾。映画版は鈴木、舞台版は崎山つばさが主演を務める。江戸市中で探偵業を営む久坂幻士郎(鈴木)は豊臣家に仕えた高名な傀儡子の息子。死神・十蘭(安井謙太郎)と契約関係にある『死神遣い』でもあり、吉原の大遊廓で“遊女連続殺人事件”に関わっていく。今回の舞台版は映画の1年後という設定で、吉原遊廓の惣名主を父にもつ侠客のリーダー庄司新之助(崎山つばさ)と、死神・十蘭が大暴れする。

この度、8日13時~と18時~の大阪公演2公演をライブ配信することが決定。「e+」のライブ配信サービス「Streaming +」、及び「ローソンチケット」のライブ配信サービス「ローチケ LIVE STREAMING」にてライブ配信する。視聴チケットは1日13時~12日21時。

また、同公演では1幕と2幕の間に休憩時間があり、ライブ配信では休憩時間の一部で各公演毎の特典映像を特別配信する。視聴チケット料金は各5,000円(税込)で、ライブ配信終了から8月12日23時59分までアーカイブの視聴が可能となる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ