今夜スタート『13』 13年監禁された“百合亜”桜庭ななみが謎と悲劇を呼ぶ

 女優の桜庭ななみが主演するオトナの土ドラ『13(サーティーン)』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)が今夜スタート。桜庭扮する主人公・相川百合亜を中心に、謎が謎を呼ぶ衝撃のクライムサスペンスが幕を開ける。

イギリスでブームを巻き起こしたBBCのドラマ『13 サーティーン/誘拐事件ファイル』のリメイクとなる本作。13歳から行方不明となり、過酷な人生を送ってきた相川百合亜が13年ぶりに生還し、必死に家族と向き合い、そして自身のすべてを奪った男と対峙(たいじ)していく姿を描く。

主人公・相川百合亜を桜庭が演じ、板谷由夏、青柳翔、神保悟志、遊井亮子、石川瑠華、井上祐貴らが共演。ドラマ『純情きらり』『デジタル・タトゥー』の浅野妙子が脚本を担当する。

うつろな表情で、フラフラと道路を歩く若い女性。ボロボロの衣服に、手首には鎖のちぎれた手錠をはめ「…ずっと、監禁されていました」と話すその女性は13年前、13歳の時から行方不明となっていた相川百合亜だった。

連絡を受けた2人の刑事、永井敏彦(青柳)と田辺佐緒里(遊井)が事情聴取を始めるが、百合亜は、過去を思い出すうちにパニック状態に。警察は聴取を断念し、百合亜を家族のもとに戻すことを決める。

一方、相川家では、百合亜が無事発見されたと知らせを受け、母・麻美(板谷)と妹の千帆(石川)が落ち着かない表情で警察からの迎えを待っていた。百合亜が行方不明となって以降、すれ違いを繰り返して家を出ていた父・宗一(神保)がやってくると、麻美は百合亜に安心して家で過ごせるよう仲のいい家族を演じてほしいと提案する。

百合亜の帰宅はたちまちニュースになり、世間の注目を集める。数日後、永井と佐緒里が事情聴取のため改めて相川家を訪れるが、百合亜は犯人の名前も言わず、監禁場所も覚えていないと繰り返す。

「あの子、絶対に何かを隠している」と言い切る佐緒里。一方、永井は百合亜の本心を測りかねていたが…。そんな折、隣の町で1人の少女が行方不明になったという情報が入る。

百合亜が心の奥底に秘めた思いとは…そして、第2の事件を起こしたのはいったい誰なのか?

オトナの土ドラ『13(サーティーン)』第1話は、東海テレビ・フジテレビ系にて8月1日23時40分放送(全4話)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ