バストもより豊かに!?上戸彩、「半沢直樹」で“柔らかい魅力”全開の秘密とは

アサ芸プラス

2020/8/1 09:59


 7月19日にスタートした日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)の第2話が26日に放送され、22%の大台を出した1話に続き22.1%と好調だ。主要キャストは、ほぼ13年放送の前シリーズのままだが、そんな中で、主演・堺雅人扮する半沢直樹の妻・半沢花を演じる上戸彩の演技が話題を呼んでいる。

ネット上の視聴者の意見を見ると〈半沢花の囚われぬ自由さ、好ましく♪~〉〈前作に比べ落ち着きが加わってすごくいい。主キャスト達が濃過ぎるので、上戸さんで癒されます〉〈実生活でも、結婚して子を生し、安定感を醸し、覚悟定まり?より良いテイストになりましたね〉といった意味の内容が続々だ。

「半沢の周囲で、様々な陰謀が渦巻き、前作にも増して、ドロドロ、ギラギラの展開の今シリーズですが、そんな中に挟まれる、花との家庭での可愛らしいやり取りに視聴者もホッとひと息つけている。和やかになれる貴重なシーンで、胸やけするような男たちの演技が続いた後の一服の清涼剤のような効果をもたらしているんだと思います」(芸能記者)

さらに、アイドルウオッチャーは7月28発売の「FLASH」のグラビアページに登場した上戸に着目してこう話す。

「胸の上を露わにした、淡いピンクベージュ色のワンピースを身にまとったショットなどが掲載されました。透き通るような肌の白さと2人の子を持つ母とは思えないスタイルの良さはタメ息もの。結婚してさらに女性ホルモンが活性化されているのかバストが以前よりもふっくらとした気もします。スリットの深く入ったように見える淡い色のロングドレスから覗く脚線美や背中部分を大きく肌見せしているシックなロングドレスなど、既婚者らしい“柔らかい魅力”が全開でした。前シリーズが放映された7年前の健康的な雰囲気に加え、より艶っぽさが増したのは誰の目にも明らかな出来栄えです。上戸の所属事務所では、看板女優&稼ぎ頭だった米倉涼子が今年独立したこともあって、上戸に対する今まで以上に期待も伝わってくる気がしました」

タレントCM起用者数ランキングの1位を、過去最多の6回も獲っている上戸。ドラマの中でも、役さながらの「倍返し」の勢いでますます躍動し、「癒やし」「艶っぽさ」も発揮していただきたいものだ。

(島花鈴)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ