脱退・長瀬抜きでの取材対応 一石投じたTOKIOの前向きな再出発

 TOKIO長瀬智也が来年3月末でグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所することを発表した。城島茂国分太一、松岡昌宏の3人は事務所に残り、子会社「株式会社TOKIO」を新たに設立。TOKIOは3人で存続する。

 この発表に先立って、残留する3人がスポーツ紙番記者の取材に対応した。近年、所属タレントの流出が相次ぐジャニーズでは中居正広や手越祐也が退所に合わせて会見を行ったが、残されるメンバーが取材に応じるのは異例。渋谷すばるが退所した際に、関ジャニ∞のメンバー全員が会見に同席したことがあるぐらいだ。

 松岡が取材対応の場で「グループから1人抜けるというのはネガティブに取られがちですが、我々にとってはひとつの通過点。とてもポジティブなことですし、長瀬も我々もこれから楽しむつもり」と話した通り、グループの再出発を前向きにアピールしたいとの思いがあったとみられる。その狙いは見事に的中。子会社設立という新たなチャレンジをする新生TOKIOがこれから、どんな活動を繰り広げるのか期待は高まっている。

 メンバーの離脱劇が起きた時、出ていく側に注目が集まり、残される側には関心が向かないことが多い。そういった傾向に3人が一石を投じる格好になった。(記者コラム)

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ