マツコ、15歳起業家のプログラミングスキルに驚き!『マツコ会議』

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。8月1日の放送では、中高生ながら株式会社や個人事業主として起業した中高生起業家たちと中継を繋ぐ。

初めに登場したのは、1年前に株式会社を立ち上げた現役女子高生2人組。女子高生をターゲットにした洋服のレンタルサービス「放課後マネキン」を運営している。そもそも起業したきっかけは、京都大学の起業講座で考えたビジネスのアイデアが最優秀賞に選ばれたことだとか。大学や講座の関係者、アパレル企業などに出資してもらい、資本金500万円で起業。今年2月に1か月限定でショップをオープン、その運営はすべて学生だけで行ったのだという。女子中高生には低額でサービスを提供する代わりにアンケート回答をお願いし、その情報をブランドに提供することで、無償で洋服をレンタルさせてもらっているそう。

次に登場した篠原さんは、2年前に秋田県でPR会社を起業した高校3年生で、地元でのイベントのチラシのデザインや商店や企業のPR動画を作成している。篠原さんはYouTubeを見ていて動画編集に関心を持ち、インターネットで編集の仕方を調べて学びながら自分のビジネスに取り入れていくようになったのだそう。そして、秋田のことを多くの人にまず知ってほしいと考えていて、地元の中高生の力で秋田県を変えたいと地元活性化について考える3日間のイベントを企画。その資金100万円をクラウドファンディングで調達したのだそう。篠原さんは「いままでは都市に集中しすぎていることが課題だったと思う。逆に地元で頑張ることをチャンスにとらえられると思う」と語る。

続いて登場したのは、1年前に熊本でプログラミングスクールを立ち上げた15歳の野澤さん。会社の作り方のすべてをインターネット検索で調べたと言う。小学3年生からパソコンに親しんでいたという野澤さんのプログラミングスキルを聞き、「それがもうビックリなんですよ。スクールを立ち上げるという前に」と驚くマツコ。そんな15歳の起業家・野澤さんが選択した新たな道とは?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ