元“日本一稼ぐキャバ嬢”がハイレグ姿を披露!「貴女は妖精ですか?」

まいじつ

2020/8/1 07:32


元・日本一稼ぐキャバ嬢の〝エンリケ〟こと小川えりが、7月30日に自身のインスタグラムを更新。スタイル抜群のハイレグ水着姿を公開した。

エンリケは《自然の中にプール 1泊50万円空間だったけれど凄く素敵な温泉旅館だった》と何やら高級旅館に宿泊したことをニオわせ、大胆なハイレグ水着姿を披露した。

すらりと伸びた美脚に、ファンからは、

《ヒール履いてるんかと思ったくらい脚が長い! 美し過ぎる…》
《エンリケさんの脚、理想過ぎて毎日見てます! いつもきれいで本当素敵》
《エンリケさん顔ちっっっさいです。脚ながっ!て声出して言っちゃいました》
《11頭身くらいある!! うらやましいです》
《おつかれーパン 貴女は妖精ですか?》

など、絶賛の声が上がっている。

3日で2.5億円稼ぐエンリケの驚異の働きっぷり!


「エンリケは、かつて3日で2.5億円を売り上げるキャバクラ嬢として一世を風靡。昨年11月にキャバクラを引退すると経営者に転身し、エステサロンやシャンパンバーなどを開業しています。引退イベントには大勢のファンが駆け付け、引退前後の4日間で5億円以上を売り上げたといいますから、さすがですね。オンラインサロンやユーチューバーもやっていて、月商は8000万円、貯金は8億円あるといいます。今回宿泊した旅館は一泊50万円だといいますが、彼女にしたら何てことのない額でしょう。もっとも、エンリケは〝生きたお金の使い方〟にこだわっていて、自粛期間中は高級料理店の弁当をテイクアウトする様子を何度も投稿しています。高級旅館にも、同じような気持ちでお金を落としたんじゃないでしょうかね」(エンタメ誌編集者)


View this post on Instagram



🧖‍♀️❤️

A post shared by エンリケ (@eri.ogawa1102) on

エンリケは決して超美人ではないが、キャバ嬢時代に圧倒的ナンバーワンだったのは、自分のコンプレックスや欠点をさらけだし、客から共感を得たから。一見、ただの金持ち自慢に見えるが、週7日出勤、年間360日働くというストイックさで現在の地位を築いている。

男性のみならず女性ファンも多いというエンリケ。同性が憧れるのも納得だ。

【画像】

Vasilii Kireev / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ