もう1点、新調するなら「ゆるくないモノトーン」がいい理由

GISELe

2020/7/31 20:30

夏にありがちな「ゆるくてラク」を小休止。黒と白が持つ緊張感をプラスにとらえ、今こそ「きちんと着る」というのも気分がいい。色も見た目も正統派なワードローブだからできる、品行方正な着まわしを敢行。

ゆるくないモノトーンだから上乗せできる
「落ち着きのある夏」への準備
すでに整っているモノトーンが軸なら、マイナーチェンジをはかってもブレることなくスマートなまま。そこで「もう1点」黒と白の新調を。夏をテーマに惹かれたキーワードでスタイリングを再構築。

(VINTAGE)
「甘さひかえめのクラシック」
シンプルな黒の上下を、レトロなドット柄で活性化。ざっくりと開いたデコルテや脚の肌感など、抜けのある黒を意識的に選べば、クラシカルも重くない。

すぎないレトロに導くカーディガンの透過性
コットンタックハーフパンツ 18,000円+税/エトレトウキョウ カーディガン 36,000円+税/FACETASM(FACETASM omotesando) タンクトップ 9,800円+税/ハクジ(ブランドニュース) スカーフ 4,500円+税/THIRD MAGAZINE×mikomori(THIRD MAGAZINE) バッグ 39,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) 柄や素材で遊びを。

(VACATION)
「海辺に似合うモノトーン」
シャツドレスとスカートで構成されたシックなたたずまい。そこに穏やかな海を連想させる、黒を配したストローハットを足して、都会感からの脱出。

シャープさは失われない「長方形」を貫く
ワンピース 9,900円+税/ノーク バイ ザ ライン(N.O.R.C) スカート 35,000円+税/ラウタシー(ブランドニュース) サンダル 21,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ハット 11,000円+税/エイドリアンハッツ(メゾン イエナ) バカンスに似合う心地よいシルエットがルーズにならず整うのは、ブレない品格のシャツのおかげ。カジュアルさを排除する美形なハットでさらに情緒的に。

(MARINE)
「白だけで成り立つマリン」
透けるカーディガンに、繊細なトップス、マニッシュなスラックス。趣向の異なるALL白に同じく白のキャスケットでなつかしいムードを味つけ。

トリコロールに頼らず白だけで満たされる
パンツ 47,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) カーディガン 36,000円+税/FACETASM(FACETASM omotesando) マルチウェイトップス 17,000円+税/little $uzie サンダル 13,000円+税/ ソル サナ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) キャスケット 10,000円+税/メゾンバース(シアンPR)バッグ 12,000円+税/anisotea(キャセリーニ) シャリ感のある透け素材につるりとしたTシャツ地。白一色でも、質感の変化でワントーンがぼやけない。

(RELAX)
「シャープにカジュアルという新境地」
それだけでスマートに見える黒と白のストライプシャツの腰巻きは、息抜きしたいときの救世主。Iラインが軸なら、切れ味のよさは保ったまま。

ALL黒において、柄はさし色のようなもの
スカート 35,000円+税/ラウタシー(ブランドニュース) トップス 41,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) サンダル 21,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 腰に巻いたシャツ 24,000円+税/コキュカ(ザ ストア バイ シー 代官山店) バッグ 6,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) サンダルまで縦長を意識した鋭さを緩和させる、親しみのあるシャツのアレンジ。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ