Sharkのハンディクリーナー、ハンディなのに床もさらにイケる

200731tak03
Image: Shark(シャーク)

…ハンディとは?

とちょっとハテナが浮かびましたが、別にハンディクリーナーが床対応できちゃ不味い理由なんてありません。

シャーク(Shark)のハンディクリーナー「EVOPOWER」シリーズの新モデル「EVOPOWER SYSTEM(エヴォパワー システム)」が発表されました。

普段は軽量ハンディクリーナー(本体重量約0.9kg)として、ちょっとしたスポットお掃除に活躍するヤツなのですが、ノズル・ヘッドを付け替えれば床掃除もできちゃうのがこのシリーズのポイント。

前モデルも床用ヘッドは付属していましたが、今回はその部分が大幅進化しました。
200731tak02
Image: PR TIMES

見てよこれ、もうこれってわりと本格的なスティッククリーナーですよね?

本体重量約0.9kgという軽量なハンディクリーナー形態から、ノズルを付け替えることでフロア対応なコードレススティッククリーナーへと変身するのです。、写真左の「CS200J」は新開発のフローリング専用ヘッドを備え、装着時の重量約1.5kg。写真右の「CS401J」は同じく新開発のマルチフロア用ヘッドを備え、装着時の重量約1.9kg。フロア対応モードでもさすがの軽さ。
200731tak00
Image: Shark(シャーク)

他にも「ブラシ付き隙間用ノズル」「マルチノズル」「布団ノズル」「ミニモーターヘッド(「CS401J」のみ)」「充電ドック兼アクセサリースタンド」が付属。アクセサリースタンド、ニョキニョキツールを生やせて便利そうじゃない?

稼働時間は、ハンディでの利用時間は最大20分、コードレススティック形状では最大12分、ブーストモードでは最大8分。ハンディのフットワークの良さが重視されているので、やや短め。でも、「CS401J」はバッテリーが2個付属するので、実質2倍まで伸ばせます。

公式ストアでは先行予約も始まっていて、価格は「CS200J」が3万3000円(税込)、「CS401J」が4万9500円。発売日は8月26日です。

以前のモデルでも、ハンディクリーナーなのに床も行ける!と、床対応のマルチっぷりを発揮していましたけど、今回のアップデートはガチ掃除機に勝負を挑んできた感がありますね。

Source: Shark via PRTIMES

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ