『フルーツバスケット』 孤独な解呪 依鈴、透を見て錯乱 第18話先行カット

クランクイン!

2020/7/31 18:00

 8月3日深夜放送のテレビアニメ『フルーツバスケット』2nd season第18話より、10点の場面写真が到着。第18話では、1人で呪いを解く方法を探す依鈴が、透の姿を見て錯乱状態に陥ってしまう。

第18話のサブタイトルは「キスしよっか」。依鈴は具合が悪いにもかかわわらず、ひとりで呪いの解き方を探し続けていた。しかし、手がかりはみつからない。仕方なく、また紫呉を訪ねるも吐き気に襲われ…。そこに帰宅した透の姿が母親と被って見えてしまう。嫌な夢でも見ているのか…昔は私もパパもママも―まるでお芝居のように―倖せだったのに…。依鈴は錯乱状態に陥ってしまう。

場面写真は、依鈴の落下シーンと、涙を流しながら血だまりに倒れている姿がインパクト大。そのほか、依鈴と向き合う潑春、透、紫呉、慊人らを写した10点が先行公開された。

本作は、「花とゆめ」(白泉社)にて1998年から2006年まで連載された高屋奈月による同名少女漫画を全編アニメ化。4月からスタートした2nd seasonでは、1st seasonに引き続きメインキャラクターの4人を石見舞菜香、島崎信長、内田雄馬、中村悠一が担当。7月6日放送の14話より第2クールに突入した。

テレビアニメ『フルーツバスケット』2nd season第18話は、テレビ東京、テレビ愛知にて8月3日25時30分放送。テレビ大阪にて26時5分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ