近藤芳正ら舞台キャストが再集結 「『斜交』~昭和40年のクロスロード」がオーディオドラマで配信決定

SPICE

2020/7/31 19:13



水戸芸術館ACM劇場が制作するオーディオドラマ第2弾として、2017年に同劇場が制作した「『斜交』~昭和40年のクロスロード」が配信されることが決定した。

オーディオドラマ「Art Tower Mito AUDIO DRAMA SERIES」は、コロナ禍の中でも、自宅で音声で楽しめるドラマとして、ACM劇場が制作。第1弾の『最貧前線~「宮崎駿の雑想ノート」より~』は、水戸芸術館ホームページ「おうちで楽しむ水戸芸術館」特設ページにて期間限定で無料配信され、各方面より大きな反響を呼んだ。
ACM劇場プロデュース『斜交』~昭和40年のクロスロード~(2017年)撮影:刑部アツシ
ACM劇場プロデュース『斜交』~昭和40年のクロスロード~(2017年)撮影:刑部アツシ

今回発表された第2弾「『斜交』~昭和40年のクロスロード~」は、2020年秋、配信予定。茨城県土浦市出身の、昭和の名刑事・平塚八兵衛が解決した「吉展ちゃん誘拐事件」。その最後の10日間、息詰まる攻防を描いた緊迫のドラマが『斜交』だ。オーディオドラマには、舞台と同じメンバーが再び集結。刑事役には水戸芸術館をこよなく愛する名優・近藤芳正、近年活躍が著しい劇団「温泉ドラゴン」の主要メンバーにして茨城県土浦出身の筑波竜一、そして若手刑事役に若手実力派の中島歩が引き続き務める。

なお、オーディオドラマ第1弾『最貧前線~「宮崎駿の雑想ノート」より~』は、8月7日(金)~8月23日(日)までアンコール配信されることが決定している。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ