最上もがが『幸せ』について語る  「肩の力が抜けました」と感謝の声相次ぐ

grape

2020/7/30 18:44

タレントの最上もが(もがみ・もが)さんが、2020年7月29日にインスタグラムを更新。

自身が考える『幸せ』について語っています。

最上もがの考えに「なんか、力が抜けた…」

バイクにまたがり、物憂げな表情を見せる写真を投稿した最上もがさん。

「幸せのハードルを下げたら、もっと生きやすくなるのかも」との書き出しで、幸せについての持論を展開しました。







View this post on Instagram








"幸せ"のハードルを下げたら もっと生きやすくなるのかもって思ったりする。 気づいてないだけで、もっとたくさんのことに 幸せを感じられるのかもしれない。 鈍感に、貪欲に、なりすぎてるだけかもしれない。 いろんなことに期待をしすぎるから ちょっとしたことで恨んだり、凹んだりするんだろうなって。 そんな日は自分にご褒美を与えて 甘やかしてみよう。 美味しいものを食べたり🍑 好きなものをみたり 誰にも認めてもらえなくたって 自分だけは自分を認めてみよう。味方でいよう。 なんてことを思う1日でした🌛 今日もおつかれさま。よくやった、えらい!

A post shared by 最上もが (@mogatanpe) on
最上もがさんは、普段から「いろいろなことに貪欲になり、期待しすぎている」といいます。

そのため、ちょっとしたことで人を恨んだり、落ち込んでしまったりするのだそう。

そうならないために「自分を甘やかすことが大事」だと主張し、「自分だけは自分の味方でいよう」と呼びかけています。

最上もがさんの考えを知ったファンからは「なんか納得」「素敵なアイデア」と最上もがさんの思いに共感を示す声が多数寄せられました。

・なんかあった?私はいつでも、もがちゃんの味方です。

・ストレスの日々だったけど少し落ち着きました。ありがとう。

・とっても素敵な考えですね。私もそんなふうに思えるようになりたい!

最上もがさんが発信しているように、自分の機嫌は自分で取ることがストレス社会を生き抜く1つの術なのかもしれませんね。

最上もが、でんぱ組を脱退した理由は? 年齢の公表に「若っ!」


[文・構成/grape編集部]

出典 mogatanpe

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ