2020年秋公開『劇場版BEM』山寺宏一、水樹奈々、高木渉、伊藤静が出演決定!

2020年秋に全国公開する『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』のゲスト声優に山寺宏一さん、水樹奈々さん、高木渉さん、伊藤静さんの出演が決定し、4名からコメントが到着した。

本作において、山寺宏一さんは、ベムにそっくりな男「ベルム」が勤める会社の上司マンストール、水樹奈々さんはベルムのよき妻であるエマ、高木渉さんはベルムが勤める製薬会社社長のドラコ、その秘書であるグレタを伊藤静さんが演じる。

本作は『妖怪人間ベム』生誕50周年を記念して、原作の持つ設定やメッセージ性を残しつつも全く新しい解釈を施し舞台設定やキャラクターも大胆に変更し、2019年に制作・放送されたTVアニメ『BEM』の劇場版。あれから2年、ベムの行方を探し続けていた刑事ソニアが出会ったのは、ベムに瓜二つの人間 ”ベルム・アイズバーグ” だった。彼の正体は? そして、ベム・ベラ・ベロの「⼈間になりたい」という切実な願いは叶うのか…。続報に期待が高まる。

【山寺宏一さんコメント】
今回の物語のキーとなる会社「ドラコ・ケミカル」のマンストール部長を演じています。ベムにそっくりな男ベルムの上司で、一見さえない感じの人物ですが、とてもやりがいがありました。「妖怪人間ベム」は小学生の頃、怖がりながらも夢中で観ていたので、今回参加出来て本当に嬉しかったです! 独特の世界観のこの作品を是非劇場でご覧下さい︕

【水樹奈々さんコメント】
歴史ある作品のスペシャルな劇場版に携わらせていただけたこと、本当に光栄です! 私が演じさせていただいたエマは、ベムに瓜二つの人間ベルムの妻で、毎日心からの愛情を彼に注いでいます。物語が展開するにつれ、様々な変化が彼女に訪れるのですが…それはぜひ本編で見届けていただければと思います!
シリアスな内容に反して、アフレコ現場は終始和やかなムードで…今回声優初挑戦される宮田さんも参加してのガヤ録りは、とても貴重な時間でした! みなさんぜひぜひ公開を楽しみにしていてくださいね!

【高木渉さんコメント】
『私たちは薬の製造販売をしているだけではなく、世界を救済する力があります!』皆さんの生活に安心とゆとりをもたらす製薬会社ドラコ・ケミカル社の会長ドラコを演じました高木渉です。我が社の社員は全て有能な者ばかりです。どんな会社かは、映画を観ていただければ分かるでしょう。そして、劇場ならではの迫力を肌で感じながらドラマを存分に楽しんでいただけたらと思います。私はリハーサルしながら泣いてしまいました…。

【伊藤静さんコメント】
ドラコさまの秘書として、日々クールにドラコさまのサポートをしております。スタイリッシュに生まれ変わった『BEM』。どんなお話が繰り広げられていくのか、ご自身の目で確かめていただけると嬉しいです。

(C)ADK EM/劇場版BEM製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ