川崎希、「ランボルギーニ」売却“手放すのが得策”だったナットク理由とは?

アサ芸プラス

2020/7/31 17:59


 元AKB48でタレントの川崎希が7月28日、自身のブログを更新。愛車のランボルギーニを売却したことを報告した。

川崎は「ランボルギーニが売れたよ~ 私が免許取ってはじめて運転してた思い出の車 すっごく気に入ってたけど2シーターだからおちびーぬが生まれてからは全然乗ってなくて売却したんだ~」と売却の理由を説明。「いつか街で見かけられたらいいな ランボルギーニくんいままでありがとう~」と綴り、初心者マークが貼られた白のランボルギーニに乗り込む姿を披露した。

ただ、これに一部ネット上では「初心者マークのついたランボルギーニ初めて見たわw すげーな」「免許取り立てでも運転出来るの? ぶつける前に売れて良かった」「ほとんど乗ってないんだろうなぁ。まぁ、ブログネタのために買ったのかも」など、相変わらずのセレブぶりに皮肉めいた声も多く上がっている。

「川崎は他にも日本に2台しかないというメルセデス・ベンツのゲレンデヴァーゲンやポルシェ・カイエンなどの高級車を複数台所有しており、家族でドライブする様子を公開しています。ランボルギーニのようなスポーツカーは普段乗りには全く適しておらず、売却を決めたようですね。現代の車は電子制御が発達していて、全くの初心者でも運転することはできますが、一度アクセルを踏み込めば軽く200キロ以上のスピードが出ますから、事故を起こす前に売却したのは正解でしょう」(芸能記者)

川崎はAKB48を卒業後、自身がプロデュースするアパレルブランド「Anti minss(アンティ・ミンス)」を設立。また、ネイルやエステサロンの経営にも乗り出し実業家として大成功を収め、年収は数億円あるという。一般庶民とは金銭感覚がかけ離れているのも当然か。(ケン高田)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ