正田尚大 新型コロナウイルスに感染、出演予定舞台「徒桜」は降板

 俳優の正田尚大(28)が新型コロナウイルスに感染したことが31日、分かった。所属事務所が発表した。

 発表によると、正田は29日から舞台「商店街グランドリオン」に出演を予定していたが、稽古期間中に出演者から新型コロナウイルス感染が確認され、濃厚接触者としてPCR検査を受けた結果、感染が確認された。同舞台は公演が延期されている。

 正田は発熱などはないが、味覚や嗅覚障害があるため保健所の指示に従い治療に専念している。また、出演を予定していた舞台「徒桜」(8月13日初日)は降板となった。

 所属事務所は「ファンの皆様、関係各位の皆様には、ご迷惑とご心配をお掛けし誠に申し訳ございません。今後は、関係機関の方針に基づき、ご指導を仰ぎながら、弊社としてもより一層の感染拡大の抑止に取り組んでまいります」としている。

 正田はこれまで舞台「ハイキュー!!~はじまりの巨人~」「機動戦士ガンダム00 破壊による再生~Re:Build~」などに出演しているほか、ダンサーとしても活躍している。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ