速水奨と野津山幸宏 ゲストの木嶋隆一が朗読の可能性を探求した「朗読バラエティ番組」を本日スタート

SPICE

2020/7/31 18:10


声優の速水奨と野津山幸宏がメインパーソナリティを担う朗読バラエティ番組『速水奨&野津山幸宏の今日、何読む?』が、本日7月31日(金)からRakutenTV声優チャンネルで毎月配信放送がスタートする。

この番組の肝は「朗読」のあらゆる可能性を広げること。そのうえで「バラエティ」の言葉もつくように、パーソナリティの2人とゲストを交えた漫才のような会話も毎回楽しめるのが見どころだ。


番組は冒頭から「何でも朗読」からスタート。ただし、読む内容が物品のラベルに書いてある取り扱い説明書や仕様書なのがポイント。この番組では、文字で説明をしていれば、何でも朗読化してしまう。第一回目の放送回で2人は「ウェットティッシュ」の説明文を朗読していた。

番組の内容を説明するオープニングトークを経て、まずは、ゲストを交えた「トークコーナー」へ。記念すべき第一回目と第二回目のゲストは、声優の木嶋隆一。第一回目の放送回では、「朗読」の魅力を分析する。


「朗読パート」は、番組内でメインとなるコーナー。第一回目の放送と第二回目の放送では、ゲストの木島隆一を交え、速水奨がプロデュース・演出を担当した朗読劇『新宿RUMBLE FISH!』の書き下ろし新作話を朗読。一回目で話の確信へ触れるところまで物語が進めば、二回目では「えっ」というオチへと展開が流れてゆく。


「衣装朗読」のコーナーでは、『原宿POP』が番組用に提供した衣装を、こちらも朗読のように読みながら紹介。第一回目の放送回では、自分が着ている衣装を、それぞれの説明書を読みながら解説。速水奨と野津山幸宏、ゲストの木嶋隆一が衣装の内容を朗読形式で説明しながらも、各々がモデルのように映えた姿を見せてゆく。

そしてエンディングコーナーを持って本編は終了。その後、RakutenTV声優チャンネルの会員になった人だけが観れる「会員限定のおまけ動画」コーナー「今日、何読む? カーテンコール!」も用意されている。

ここでは、番組収録を振り返ってのトークが繰り広げられる。内容は会員だけのお楽しみだ。

次回放送は、8月下旬を予定している。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ