登録者数140万超の人気YouTuber、活動終了を宣言 通算10回目も「今回は本当」

fumumu

2020/7/31 17:30

(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
始まりがあれば、いつかは終わりが来るもの。とくに入れ替わりの激しいYouTubeでは、人気チャンネルが突然終了になることも。登録者数144万人を誇る人気ユーチューバーが活動終了を報告し、大きな話題になっています。

■活動終了を報告


活動終了を宣言したのは、「チャンネルがーどまん」。がーどまんさんを中心に、MYさん、山ちゃんさんから成るグループユーチューバーで、過激なドッキリ動画が売りです。

冒頭でがーどまんさんは「チャンネルがーどまんを解散します」と報告。MYさんががーどまんさんのアルファードを勝手に売ってベンツを購入したり、逆にがーどまんさんがMYさんを山に埋めるなどの行動で関係が悪化。MYさんががーどまんさんの新居に土足で上がり込む動画が決め手となり、解散を決断したと明かします。

「正直YouTubeは続けていきたかったですが」としつつも、「これ以上他の人に迷惑をかけることはできないと思い辞めることを決断しました」と話します。


関連記事:人気YouTuber、ネット上のデマ情報に苦言 自ら個人情報を流出させる暴挙に

■引退宣言は通算10回目


ちなみに、がーどまんさんは辞める詐欺の常習犯であり、引退宣言はこれで通算10回目。

上記の動画内でがーどまんさんは「ウソではありません」「今回は本当に引退さしていただきます」と強調していましたが、筆者が確認したところ、前回引退を2月1日に宣言するも14日には活動再開していたことから、実態は夏休みの取得と考えられます。

■「10回も引退してて草」「常習犯」


今回の動画に対し、コメント欄では「長中期休暇欲しくなったら引退動画出してんの草」「引退する→和解する→ゆるいどっきり続く→過激化する→母親出てくる→家壊す→引退するというサイクルで登録者を稼ぐサーカス」「5年連続10回目、もう甲子園の常連校」「ユーチューバー界の大仁田厚」などの声が寄せられることに。

ファンの大半が本気では受け取っていないようです。

■終わる詐欺は他にも…


なお、終わる終わる詐欺と言えば、他にも恒例となっているチャンネルが。

例えばラーメンユーチューバーとして知られ、毎日ラーメンを食べ続けている「SUSURU TV」(登録者数83万人)は100回ごとに「最終回」と銘打った動画をアップ。翌日にはしれっと最新動画がアップされ、新規視聴者を惑わすことがお決まりとなっています。

毎日投稿がトップユーチューバーの基本とされた時代は過去のモノとなりつつある今、定期的に引退して注目を集めつつ、リフレッシュして戻ってくる「チャンネルがーどまん」のやり方は、なかなか賢い戦略なのかもしれません。

★「チャンネルがーどまん」さんの動画はこちら

・合わせて読みたい→人気YouTuber、事務所退所動画でUUUM入り匂わせ? 「しれっと…」

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ