「仮面ライダーBLACK」シリーズ大総括本が登場、多数の貴重なビジュアルを掲載


1987年に放送された『仮面ライダーBLACK』と、1988年に放送された『仮面ライダーBLACK RX』のビジュアルブック「仮面ライダーBLACK & 仮面ライダーBLACK RX CHRONICLE」が、KADOKAWAから2020年7月31日に発売される。

今年は幻のエンターテインメントマガジン「B-CLUB」の創刊から35周年。この記念の年に、当時の紙面では未公開だった多数の貴重なビジュアルを掲載し、昭和から平成を駆け抜けた『仮面ライダーBLACK』を大総括。

全キャラクター図鑑や、決戦名場面集、全エピソード見どころガイドなどはもちろん、懐かしのオモチャを振り返る企画ページなども充実。

さらに、吉川進(元東映プロデューサー)、小林義明(『仮面ライダーBLACK』&『RX』プロット監督)、岡元次郎(『仮面ライダーBLACK』&『RX』プレイヤー)、佛田洋(特撮美術デザイナー)の新規インタビューも収録し、今だから語れる両作品のマル秘エピソードが楽しめる。

「B-CLUB創刊35周年記念 仮面ライダーBLACK & 仮面ライダーBLACK RX CHRONICLE」
2020年7月31日(金)発売
定価:(本体2,200円+税)

【収録内容】
・BLACK&RX 全キャラクター図鑑
・厳選! BLACK&RX決戦名場面集
・ヒーロー&マシン デザインコレクション
・懐かしのBLACK&RX TOYコレクション
・全エピソード見どころガイド
・ゴルゴム&クライシス 全怪人紳士録
・新規インタビュー(吉川進、小林義明、岡元次郎、佛田洋)

(C)石森プロ・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ