osage、アマチュア時代の廃盤作品に収録されていた人気曲「ウーロンハイと春に」を再録リリース、さらにジャケットを一般公募

SPICE

2020/7/31 16:35


muffin discs所属のosage(読み方:おさげ)が2020年9月9日(水)に「ウーロンハイと春に」を配信リリースする。

アマチュア時代に制作したこの楽曲のMusic VideoはYouTubeで70万回再生を超え、ライブでも定番の人気楽曲となっている。今回の配信リリースにあたり、最新アレンジでの再録が行われた。

また、配信リリースをするにあたり、ジャケットデザインを7月30日(火)~8月10日(金)まで一般公募する企画の実施も発表された。

詳細はosageオフィシャルサイト、オフィシャルSNSまで。

【Vo 山口ケンタ / コメント】
この曲が出来たのは二年以上も前の話。
穏やかな日差しの中、愛すべき怠惰な日々に突然終わりを告げられるような
そんな兆しがあった。
「遠くに行った友達の歌」として、ある時この曲は、確かに誰かの背中を押した。
また、時には青春時代を懐かしむ、短い一夜のつまみとなった。
時には誰かに想いを馳せ、昔住んでいた街のことを思い出した。
そして、何度も確かめ合った。
「僕らは大丈夫さ」、言葉の通りに、愚直に、涙が出るほどに。

誰かのために書いた歌が、誰かを想うための歌になった。

少しだけ長い夜に、先の見えない不安に、今こそこの歌を届けるべきだ。
この曲の歌詞があなたの青春とリンクするように、あなたの想いをジャケットに乗せて
この先もずっと、大切にしたいと思える作品にしたい。
この歌があなたの思い出とともに鳴り続けますように。
10年後も20年後も。
山口ケンタ/osage 
「ウーロンハイと春に」リリースに添えて

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ