義母のドケチで子どもがピンチ!? 節約の理由に隠された意外な結末【前編】【義父母がシンドイんです! Vol.45】

義母は、良くいえば倹約家、悪くいえばドケチです。

例えば、帰省すると家庭菜園で義父が作った野菜の水炊きをふるまってくれますが、肉はほとんど見当たらず、さらに翌日はその残り物がでてきます。

娘の1歳の誕生日は、紅白のそうめん1束のみでした。

使わなかったコーヒーミルク、砂糖、お手拭きなどをあっという間に自分の鞄にしまうお義母さん。その早さと行動に目が点に。

節約することはけっして悪いことではありません。でもさすがに度をこしてないか…という気がします。

そして、さらにお義母さんは驚く行動を…!

スーパーの野菜売り場で…
「もったいない」が口癖の義母

どうやらスーパーでキャベツの葉の持ち帰りはOKのようで、「うさぎ用にください」と言っている人などもいるようです。

しかし私としてはそこまで節約しなくても…という気持ちが強くて、正直義母のことを「みっともない」と思ってしまい…

そして、義母から曾祖父の七回忌に呼ばれた時も、そのドケチぶりに開いた口がふさがりませんでした。

次回(8/1UP!)に続きます。

脚本・山崎伸子/イラスト・ぺぷり
(ウーマンエキサイト編集部)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ