男性たちが「好意じゃないならやめてほしい…」と思った女性の行動5選

ウレぴあ総研

2020/7/31 15:00

気になっている男性から一見好意があるように感じたけど、実はそうではなくて傷ついた。

こんな経験、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。

思わせぶりな男性も厄介ですが、もしかしたらあなたも無意識のうちに、男性にそう感じさせる行動をしているかもしれません。

今回は、実際男性に聞いた意見をもとに、男性たちが「好意じゃないならやめてほしい……」と思った女性の行動をご紹介します。

■「好意じゃないならやめてほしい」と思った女性の行動って?

■1:マメな連絡

LINEが頻繁にきたり、即レスだったりすると、もしかして俺のこと好きなのかな? と期待しちゃいますね。

特に他愛もない内容のLINEだと期待しちゃう。

好意があると思ってアプローチしたら、そんなつもりじゃなかったって言うなら、最初からしないでほしいです(笑)」(32歳/企画)

たしかにたいした用事もないのに、異性からマメに連絡がくると期待してしまう気持ちはよくわかります。

意図的に、駆け引きのひとつとしてこういった行動をとる女性もいますが、仕事関係などの勘違いされてしまうと気まずい相手の場合は、マメな連絡は控えた方が無難かも。

■2:甘えてくる

「調べればわかることを教えて~ってお願いしたり、寂しいから飲みに付き合って~って誘われたり、甘えてくるのは好意がないならやめてほしい!

誰にでもやってるのかな? と思うけど、高確率で男は自分のことが好きなんだと勘違いします(笑)」(28歳/営業)

女性があまり詳しくないジャンルのことを、身近にいる男性に「教えて!」とお願いしたこと、女性なら誰しもあるのでは?

男性は頼りにされたり、甘えられたりすることが好きな生き物です。

好きな人にするアプローチとしては、有効なテクニックですので、男性に甘える場合は相手をきちんと選ぶことが大切ですね。



■3:ボディタッチが激しい

「何かにつけてボディタッチしてくるのは、好意がないならやめてほしい。

自分でも単純すぎるな、とは思うけど、どうしても好意がある印象を受けます」(31歳/サービス業)

ボディタッチは、有効な恋愛テクニックとして様々なメディアで紹介されていることから、男性もテクニックだと理解しているようですが、度を過ぎたボディタッチはやはり勘違いを生んでしまうようです。

また、それ故に「すぐ触ってくる女性は苦手」という男性も増えているようですので、好きな人以外の男性との距離感には気をつけた方が良いかもしれませんね。

■4:好意と受け取れるようなことを遠回しに伝えてくる

「〇〇くんが彼氏だったらな~、みたいな好意だと受け取れるようなことを言うのは勘違いしてしまいますよね。

社交辞令かもしれないけど、いいなと思っている子から言われたら期待しちゃう」(24歳/広報)

女性側としては、ノリで言ったのかもしれませんが、たしかにこの一言は勘違いを生んでしまう言葉ですよね。

飲み会などの席で、意識をしていない男性相手だからこそ言える、という意見もありそうですが、男性側に好意があった場合は女性側からのアプローチと受け取られそうです。

■5:体調などを過剰に心配してくる

「仕事が忙しい時に、体調大丈夫?とか、心配されるのは嬉しいけど、何度もそういう言葉をかけられると、自分のことが好きなのかな?と思っちゃいます。

気遣いは嬉しいけど、度を過ぎると勘違いしてしまう」(33歳/ITエンジニア)

女性側が親切でとった行動も、度を過ぎると男性側に好意だと受け取られてしまうケースもあるようです。

特に意味があってしたことではなく、自然な気持ちからとった行動でも、男性側に大げさな印象を与えてしまうこともあるようなので、なかなか難しいラインですよね。



好意を表現しているわけではないのに、受ける側が少し勘違いしてしまうことはよくあること。

相手のことを異性として意識していればいるほど、その傾向は強くなってしまうのは仕方のないことでもあります。

特に相手が異性に慣れていない場合は、親切心からした行動や、曖昧な態度をとることが、相手からの好意のサインだと思われる可能性は高いでしょう。

仕事などの共通のコミュニティがある男性に、そう思われると厄介なことになってしまう可能性もありますので、男性の反応を見て、線引きすることが重要なのではないでしょうか。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ