美少女アイドル 涙の舞台裏に初密着!『ホワイトキャンパス Ⅲ』移籍メンバー5人の卒業ライブ


制服姿の美少女アイドル『ホワイトキャンパス Ⅲ』 フィールドキャスターのカメラが、卒業ライブの舞台裏に完全密着した。 当グループのメンバーは中学1年生から20代の社会人まで、総勢18人。昨年10月の結成後、首都圏を中心に約50回のライブを繰り返してきた。 取材したこの7月25日は、メンバーのうち、山下結愛(16)、日南かほ(17)、山本梨月(16)、国場美々花(14)、瀬戸咲稀(15)の5人が移籍。事実上の卒業となり、最後のライブとなった。 楽屋では、ラストにふさわしいパフォーマンスを見せるため、何度も振り付けを練習。しかし本番直前になって、歌詞を間違えるは、照れ笑いするは、ちょっと心配。 舞台袖にいくとさらに緊張感は最高潮!とにかく落ち着かない(笑)流行りの言葉「‥もろて」をなぜか連呼するは、腹痛に襲われるはとにかく忙しい。表舞台では見せない、無邪気な“普通の女の子”の表情を度々のぞかせた。 ライブ会場では、コロナ対策のためお客さんを制限。 それでも20人を超えるファンが集まり、満席状態。 いよいよ本番。笑顔でステージに立ったメンバー。 まずはこれまで歌った、カバーソング全てを熱唱。 AKB48ももいろクローバーZなど、憧れのアイドルの歌ばかり。 メンバーの多くは新人のため、不器用な部分もあるけど、精一杯に歌声を響かせた。 最後は唯一のオリジナルソング「Our Dream」。 とびきりの笑顔で、最高のパフォーマンスを魅せつけ、ファンからは拍手喝采。メンバーたちも大粒の涙を流し、号泣した。 その涙からは彼女たちがどれほど仲間を思いやり、一緒に頑張ってきたことを誇りに思っているのか‥ その証をよく感じ取ることができた。 さらにサプライズゲストも登場。初期メンバーの皆月風羽(17)と旭莉子(15)だ。卒業メンバーのお祝いにと内緒で駆けつけ、花束を贈呈。 メンバーたちはさらに号泣し、何度もハグを繰り返した。 「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」 この言葉をお互いに、繰り返し繰り返し投げかけたメンバー。 楽屋に戻るまで続いた。 卒業したメンバー5人は、新ユニット『Challenge girls』として始動。 今後も週末メインでライブを行い、更なる大舞台へ進む。 今回、初めての舞台裏を取材された『ホワイトキャンパス Ⅲ』 表舞台では中々見られない、アイドルの素顔が満載。 ファン必見の秘蔵VTR(?)だ。

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ