生放送で「ラジオを辞めたい!」直訴した小倉優香 “やる気のなさ”を感じていたリスナーも

グラビアアイドルで女優の小倉優香(21)が生放送中のラジオ番組で突如、番組降板を直訴し騒動になっている。来週以降の出演は白紙になっているようだが、リスナーからは彼女をかばう声は少なく「楽しく聞いていたラジオがぶち壊しだ!」といった怒りの声が多い。

29日放送『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)の番組終盤でのことだ。ケンドーコバヤシ(48)が「エンディングでございます。お知らせの方は、お二人(柏木由紀、小倉優香)はいかがですか?」と話を振った。すると「あ…」と声をあげた小倉優香は、残り1分ほどの放送時間でこう語ったのだ。

「朝早く起きて夜早く寝るって生活をしてるんですけど、ちょっとラジオ(アッパレやってまーす!)が辛くなったので、“辞めたい”と事務所に言ったんですけど。」

「3~4か月話してくれないので、ここで言います。辞めさせてください!」

この突拍子もない発言に他の出演者は戸惑い、場の空気がおかしくなりかけた。しかしケンドーコバヤシが「あぁ卒業したい宣言ね。それは申し訳ないけど、事務所の方で」と落ち着いた口調で言うと、AKB48の柏木由紀(29)も「そんな権限はないもので」と同調した。一方で小倉は胸のつかえが取れてホッとしたのか「ふふふっ」と笑い、番組は終了した。

この件についてMBS側は30日、「来週以降の出演は白紙であり、これから(小倉の)所属事務所と協議する」と発表。一部報道では「あまりにも勝手な行動だ」と番組スタッフが激怒したと伝えられており、彼女の望みが叶えられたとしても後味が悪い辞め方になりそうだ。

ネット上には「小倉さんのような人がいてもいい」という擁護する声は少なく、特に同番組のリスナーからは非難の声が多い。「事務所が話を聞いてくれないから、ラジオで辞めたいと発言。これは不思議。それだったら我々リスナーに対してではなく、ラジオのプロデューサー? 責任者? 的な人にその旨を直接言いに行くべき」「事務所でやれや。リスナー番組関係者関係ないやろ」「ラジオ舐めてる感じがして正直イラっとしました。地上波のテレビだったら、同じことしたんですかね?」との声や、「緊急事態宣言中のアッパレ各曜日はスタジオにいる人と、自宅から電話の人は交代制だったのに、水曜の小倉優香ちゃんだけはずっと家から電話だったし、オープニング出て後は電話の電源切って出なかったり、寝てて出なかったりしたので、リスナーからしたらやめたそうなのはずっと前から伝わっていた」と彼女のやる気のなさを感じていた人もいたようだ。

画像は『小倉優香 2019年5月25日付Instagram「UOMOのイベントでした」』『【公式】小林友治アワー アッパレやってまーす!水曜日 2020年7月1日付Twitter「#アッパレ水 放送中」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ