サウナ初心者に“通”の人気レスラーが伝授! 入り方の基本&デートで失敗しないコツ

ウレぴあ総研

2020/7/31 12:00

新型コロナウィルスの影響で、外出自粛など生活の制約から様々な体調不良に悩まされた人もいるのではないでしょうか。

少しずつですが、娯楽施設なども営業を再開し、緊急事態宣言中の営業を続けていた銭湯では、サウナの営業も再開されました。

今回は、自律神経の不調などにも効果があるというサウナの効果的な入り方を、サウナ通と噂の人気レスラー達に取材しました!

今回、お話をお聞きしたのは、DDTプロレスリング所属の4人のレスラーです。

■DDTプロレスリングとは?

サイバーエージェントを親会社に持つプロレス団体。サイバーエージェント社内での路上プロレスなど、観客を楽しませるプロレスで一線を画す。公式動画サービス「WRESTLE UNIVERSE」では、主要試合が配信されている。

竹下幸之介(以下、竹下):1995年生まれ。日本体育大学卒。団体内の最高峰のベルトである「KO-D無差別級王座」を4度獲得した実力派。@Takesoup

勝俣瞬馬(以下、勝俣):1992年生まれ。DDT内でアイドルユニット「NωA」を結成し、CDをリリースしたことも。サウナ通で熱波師の資格も取得。プロレスのみならずマルチな才能を持つレスラー。現在は、YouTube「勝俣瞬馬のHAPPEACE ch」で、ユーチューバーとしても活動している。@k_shunma_ddt

上野勇希(以下、上野):1995年生まれ。「伊右衛門ジャスミン」のウェブCMに出演。現在は「ノーチラス」というタッグチームで、「KO-Dタッグ王座」のベルトも保持している。今、一番勢いのある若手レスラーの一人。@dna_ueno

MAO(以下、MAO):1997年生まれ。中学生の時に、YouTubeにプロレスをしている動画をアップしていたのがきっかけで、レスラーとしてデビュー。試合中に、DDTの社長でレスラーである高木三四郎選手を、車で轢くという逸話を持つ。@xinomaox

■“通”なレスラーたちに聞く!「サウナ」のイロハ

■サウナってどんな年代の人がいるの?

勝俣:最近だと若い人も多いですけど、基本はおじさんですよね。去年くらいから始まったサウナブームで、我々もそうですけど、こういう若い人たちも多くなっていると思います。

竹下:タナカカツキ先生が描いた『サ道』っていう漫画がきっかけで、「サ活」っていう言葉が流行り始めたんですよ。

全員:そうだね。

竹下:基本、サウナ施設は男性専用が多いんですよ。いわゆるサウナ施設って呼ばれるカプセルホテルのパターンと、ラクーアみたいなスパのパターン、銭湯に分かれるんですけど。女性だと、銭湯かスパに行くしかなくて。

僕らがよく行くようなカプセルホテルタイプのはだいたい男性専用ですね。

勝俣:最近、サウナ女子たちが男性専用に行きたいという要望が多くて。レディースデイを設けているサウナ施設もあるんです。

汗を皮膚から出すことによって、皮膚の毛穴の中の汚れも落とせるらしいんです。体内から汗を出して、汚れを落とす女性にはめちゃくちゃお薦めの美容法なんですよ。

■サウナの種類って?

竹下:日本でほとんどの人が想像しているサウナって、遠赤外線によって温度を上げるドライサウナって言われるもの。これ日本式なんですよ。日本の銭湯に多いパターン。

MAO:多くの人が、「昔入って辛かった」っていうやつがだいたいそれですね。

竹下:そういうのも僕らは好んでは入るんですけど。いわゆるフィンランド式って言われるサウナが最近流行っているんですよ。

勝俣:(テキストを出す)「サウナの湿度の謎」っていう本なんですけど。

全員:(笑)

勝俣:このテキストは全く試験(熱波師)と関係ないですよ。マイテキストです。フィンランド式は「ロウリュウサウナ」って言って、サウナストーンに水をかけて水蒸気を出す。

竹下:熱くなった石で温度を高めて、さらに常温の水をかけると蒸気があがるじゃないですか。それで身体を温める。それがフィンランド式の元祖サウナみたいですけどね。

勝俣:蒸気があることで熱の伝導率がいいらしいんですよ。高温サウナがカラカラで熱いのは、空気が熱くなってるから。ロウリュウサウナが80度くらいだけどめちゃくちゃ熱く感じるのは、水蒸気による水で、熱の伝導率が良いからなんです。

日本式は真夏のカンカン照り、フィンランド式はちょっと梅雨みたいな。身体にはフィンランド式の方がいいんです。

■サウナではどこに座ればいいの?

竹下:サウナって上の段が熱くて、下の段がぬるい。だいた8~10度くらい段によって熱さが違う。サウナにある温度計って高い位置を示しているんで、あれが上の段の温度です。

上野:初心者は一番下がいい。

竹下:勝俣は上の段が空いたら一番先に行きますから。

上野:すいませーんって(笑)

MAO:上に座ってロウリュウを受けると、熱が前からじゃなくて後ろから来るの。

勝俣:反射があるんで、壁と天井から熱が来るんです。

竹下:蒸気は上に上がっていきますから。上の段は上級者。

■サウナに入る時の順番は?

竹下:身体を先に普通に洗いますね。シャンプーもするし。

勝俣:皮膚とかの汚れを落としてあげた方が、汗が出やすくなるんで。

上野:サウナ室の中って臭いがこもることがあるんですよ。

竹下:だから先に洗うのはエチケットですね。

■タオルの使い方は?

勝俣:女性は頭にタオルを巻いて髪を守った方がいいです。それがいやだったら、サウナハットを頭にかぶる。

MAO:それは超上級者だ。

勝俣:なぜ頭を隠した方がいいかっていうと、頭が熱いと余計熱く感じるんです。

頭をタオルとかサウナハットをかぶって隠してあげると、体感温度がちょっと変わってくるんです。

上野:同じ施設で同じ100度だとしても、頭にかぶっているほうが苦しくないというか。いい意味で長く入れる。

サウナは、髪の毛にダメージがめちゃくちゃあるんで。髪の毛を守るためにもタオルを巻く。MAOさんは髪の染粉がタオルについちゃうっていうんで黒髪にしたんですよ。

■水風呂が苦手な人もいるけど慣れる?

全員:慣れていきます!

MAO:躊躇なく入れるようになりますよ。

上野:僕らもサウナに行って、一発目に水風呂はいれって言われたら無理です。

勝俣:冷たっ!

竹下:サウナのあとに、水風呂に入る時は、掛け湯はしてくださいね。

上野:汗を流す!

勝俣:熱い湯船のお湯をかける人もいるし、シャワーでもいいし。水風呂の水を掛けちゃうと、心臓に悪いから足元からかけてくださいってあるんですけど。

水を掛けちゃうとサウナで温まったのがちょっと冷めちゃう。水風呂に入る気持ちよさが減少してしまう。だからお湯で流して温かいまま水風呂に入る。

上野:熱ければ熱いほどというよりも、水風呂は冷たければ冷たいほど気持ちよくなれる。

竹下:入って、苦手な人はじっとしましょう。動くと冷たいんです。

■サウナと休憩は何セットすればいいの?

勝俣: サウナって休憩っていうのが大切なんですよ。サウナのあとの水風呂って、普通の体温で入るとめちゃくちゃ冷たく感じるのが、気持ちよく感じる。

水風呂を1分以内くらいに入って、その後に出て休憩をする。この休憩がめちゃくちゃよくって。休憩からサウナに戻る。だいたい3セットくらいかな。

竹下:3から5セット。

勝俣:自分のペースです。これも好みです。

上野:2、3回行くと 疲れと共に満足してもいいかなって気持ちになる。

MAO:最低3セットみたいなところはある。

勝俣:2、3セットだと少ないかな。

竹下:そのルーティンをサウナ、水風呂、休憩を3セットくらいっていう。

■それぞれにかかる時間は?

竹下:水風呂は1分くらいなんで。

上野:30秒から1。

MAO:だいたい1セット20分かからないくらい。

上野:意外と休憩も10分もしないことも多くないですか。

竹下:上級者のおっちゃんとかは、(休憩所で)寝てますけどね。

上野:ははは。

竹下:また起き上がって、サウナ入って。

MAO:水をばしゃーん、ばしゃーんてってかけて。

勝俣:僕は眠くなったらサウナに行きます。

MAO:だいたい身体が寒くなったら(サウナに)行く感じ。

勝俣:サウナに入っているとわかるんですけど、「あ、もうサウナ行こう」っていう感覚になるんだよね。どんどん休憩していてもサウナに行こうって感覚がわかるようになる。

■サウナを出るタイミングは?

竹下:サウナを出るタイミングで僕がよく言うのは、飽きたら出るっていう。最初は体が冷えてる状態で入るので、温かいところに入ると気持ちいいんですよ。

気持ちいい間は時間が過ぎていくのも早くて。テレビがあるところだと集中して観れるというか。でも「熱いな」って思ってくると、時間の経過が遅い。

勝俣:確かに確かに。

竹下:これはもう「飽きてきたな」って思ったら、僕は出ます。

勝俣:初心者に言えるのは熱くなったら出る。

MAO:本当、無理しない。サウナは我慢大会ではないので、無理をしない。

上野:ちょっと無理すると気持ちいいんですよね。

全員:ははは。

勝俣:慣れてきたらね。初心者は絶対に熱くなったら出てください。時間で言ったら6分とか8分とか。意外と短い時間でいいんです。

竹下:感覚ですね。サウナも強い人と弱い人っていると思うんで。強い人だと1セット12分は絶対入るって人もおるし。

勝俣:僕の入り方は1セット目は6~7分くらい。2セット目はそれより1分くらい長く。3セット目の最後のセットは12分入る。

竹下:トレーニング用語でいうアセンディングセット方式ね(注:筋トレの方法)。

上野:全然誰にも通じないと思うけれど(笑)

勝俣:最後に追い込む!

竹下:俺はピラミッド法。最初上げて、最後はこうだれてきて、「もうええわ」って。筋トレもサウナも自分の体を使うって部分で一緒なんですよ。体の変化を楽しめるもんじゃないですか。

そういう意味で、同じなんだなって思います。

■交互浴、最後はどっち?

竹下:人によりますね。季節にもよります。外が寒い場合、水風呂で冷えた状態で上がっちゃうと寒いまま。

上野:サウナは水風呂のあと、休憩が最後。

竹下:僕なんか、最後に湯船に入る。水風呂でもう一回冷ましてから出る人もいれば、休憩のまま上がる人もいるんですけど。

勝俣:休憩のまま上がっても、意外に服を着ると汗をかくんだよね。体内が温かいから。

MAO:最後、水風呂で締める人もいるし。脱衣場で汗だくになっちゃうからね。

竹下:外が夏で暑いと、水風呂で体を冷やした状態で上がる。外の暑さで、サウナに入ってる状態になる。冬はもう一回、サウナかお風呂にちょっと入って上がる人が多い。

外が冷たいから、上がった後にもう一回「ととのえる」んで。

MAO:「ととのう」っていうのは日常のいろんなところに、潜んでいるんです。

■「ととのう」って何?

竹下:今のサウナブームのいわゆる「ととのう」って現代語なんです。「ととのう」って言われる言葉は、いわゆるサウナトランス。脳が本当にね、揺れるんですよ。

勝俣:サウナトランス=ディープリラックス状態。凄くリラックスしている状態に陥るんです。

上野:それが「ととのう」ですかね。ふわふわしますよ。

竹下:体調に不安がある人にはお勧めできないけど。身体にすぐに害とかはないですけれど、結構危険な状態ではあります(笑) 血管の運搬作用なので。

サウナで、熱いところに入って、血管を拡張させて、それを水風呂で一気に収縮させる。おじいちゃんおばあちゃんがやっちゃうと、心臓が止まっちゃうようなことをしているんですよね。

上野:凄い動悸するもん。ドドドって(笑)

勝俣:めまいとか起きているのは脱水症状起きているんで。やりすぎもよくない。

竹下:具合が悪い時はだいたい脱水症状が多いですね。僕ら汗をかいて痩せたいわけではないので、「ととのってる」っていう状態になれたらいいなって。

■どれくらい水分補給をすればいい?

勝俣:水は絶対に飲んだ方がいい!

上野:できればその都度、飲むくらい。

勝俣:サウナの前に1リットル水を飲む。

竹下:スポーツもそうなんですけど、汗をかく前に飲む。

勝俣:サウナ出てのどが渇いていたら、明らかに水分が足りてない状態なんです。

MAO:水分って吸収されるまで遅いんだよね。

竹下:のどが渇いたっていう状態だと遅い。

勝俣:水分が吸収されるのに30分かかるんです。飲むなら水か麦茶がいいです。

竹下:脱水でサウナから出る状態を、追い込んでると勘違いしているんです。のど渇いた、汗かいてる、熱いっていうのを、追い込んでると勘違いしないでほしいですよね。

究極はのども全然渇いていない。乾燥もあまりしていないっていう。身体だけが熱くなるっていうのが理想のサウナなんじゃないかな。

MAO:痩せたと感じても、減量の時の水抜きの効果が出ているのと同じなだけなので。実際は痩せたっていうのはちょっと違うかな。

勝俣:普通に水飲んだら戻っちゃいますからね。

上野:ただ代謝がよくなるんで、痩せやすくはなる。ストレッチとかの効果と一緒です。

■サウナに行った時におススメの飲み物は?

勝俣:オロナミンCとポカリスエットを混ぜたオロポっていう飲み物があるんですよ。

竹下:サウナ後に呑むのが良いと言われてる必要な栄養素全部入っています。

勝俣:自分で二本買って作るのもいいですし、場所によっては食事するとこにあります。

上野:「オロポセット」ね。

竹下:めっちゃうまいんですよ。ジョッキに氷入れて出てくるんですけど。

勝俣:僕最近思ったのが、ポカリスウェット少な目。オロナミンCを多めにした方が美味しかった。

竹下:割合を変えるのか。僕なんかはポカリをだいたいラベルの上まで飲むんです。するとちょうどオロナミンCが一本入るんです。

MAO:味はほぼ『MATCH(マッチ)』です。

上野:ははは。マッチでいいじゃん。

勝俣:ポカリは吸収力がいいんで、それにビタミンCのサウナ後に必要なものがある。

上野:じゃあ、差し入れ今度からオロポで。

■サウナデートをする場合、メイクはどうすればいい?

竹下:女性はメイクしたまま入る人も多いみたいですね。これは僕のイメージですけれど、毛穴から汗を出していきたいんで。

ファンデーションってどうしても汗を抑える成分が入ってるじゃないですか。汗をかきづらい気がしますね。男女一緒にサウナに入ることってないので、すっぴんで入って、またメイク室で直すっていう。

勝俣:フィンランドのことわざで、「サウナから上がった時が一番美しい」っていう。

全員:ははは!

竹下:そのまんまやん!

勝俣:化粧はせずにありのままの姿で出てきてほしい。

竹下:よく男子が言う「すっぴんでええやん」っていうのは女性には通用しないんですよね。

勝俣:その気持ちはわかるよ。

上野:(メイクを)取る方がマナーとしてはいいかもしれない。

■食事は入浴の前?後?

勝俣:サウナ前は基本、ご飯はやめておいた方がいい。

竹下:お風呂前のご飯はNGです。いい消化したい血液が、他のところに行っちゃうんで。

僕らもそう言いながら、サウナの前にラーメン食ったりしてるんですけど(笑)基本は満腹にはしないようにするほうがいいです。

勝俣:「食後すぐの入浴はお断りします」って書いてあったり。施設によっては、お風呂も本当はご飯を食べたら2時間開けなきゃならないっていうのがあるんですよ。

MAO:なんとなく気持ち悪くなっちゃう。サウナの中で。

竹下:運動前にご飯食べないじゃないですか。運動するのと同じなんで。

MAO:サウナですっきりした後に食べるご飯、美味しい。

上野:めっちゃお腹すくんですよ。

竹下:多分カロリーめっちゃ使ってるんですよ。熱いところいるだけでも。

勝俣:なぜか辛いもの食いたくなるんですよ。

上野:塩分出てるからですかね。

勝俣:そうすると麻婆豆腐とか。

竹下:だいたい麻婆豆腐。

勝俣:辛い物食べてまた汗かいて、またシャワー浴びなきゃみたいな。

竹下:俺らこの二時間今まで何してたんだみたいな(笑)

■裸になるのが恥ずかしかったら?

竹下:サウナはいる時は、恥は捨てるべき。

勝俣:僕もみんなとお風呂入るのは嫌だったんですよ。でも行ったら気にならなくなった。フィンランドではサウナはみんなと仲良くなるツール。裸って肩書がない状態でつきあうわけじゃないですか。

竹下:自分が思っているほど自分のこと見てないですから!

勝俣:フィンランド大使館って、国会にサウナを使うくらいなんですよサウナで国の話をするんですよ。

竹下:あと1、2年くらいで勝俣はフィンランドに行きますね。

上野:絶対行く(笑)

まだまだ話題は尽きず、ずっと喋りっぱなしだったDDTサウナ部のメンバー。リングの上では熱い戦いを繰り広げている彼らですが、サウナの話になると和やかなムードに。

みなさん、この記事を読んでいると、すでにサウナに行きたくなっていませんか?ぜひ、サ活の参考にしてみてください。

取材協力:DDTプロレスリング・ プロレス&スポーツBarドロップキック

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ