文音、父・長渕剛から受け継ぐストイックさ 改名“長渕”外しの理由も語る


●コメディ初挑戦で感じた難しさと面白さ
あの『白鳥麗子でございます!』(講談社)などで知られる鈴木由美子氏による同名漫画を実写映画化した『いけいけ! バカオンナ~我が道を行け~』が7月31日より公開。原作は主人公・杉山結子と女友だちの友情を描いた自伝的作品だが、バブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱えながらもパワフルに生きている、現代アラサー女子たちのリアルを描いた物語が展開する。

その主人公で、外ではイケイケ女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張りアラサー女子・杉山結子を演じるのは、女優として活躍の場を広げている文音。自身初挑戦となった本格コメディで、世の女性たちの共感を集めそうなアラサー女子を熱演している。その文音に今回のコメディ初挑戦の感想から、2014年に父・長渕剛の長渕姓を取って改名した理由や、いずれ実現したいという父・長渕剛とのコラボレーションの夢まで、さまざまな話を聞いてみた。

――タイトルのインパクトが絶大ではありますが、こういうコメディは初挑戦ですよね?

そうですね。みなさん「パンチが効いているね!」とおっしゃいます(笑)。本格的なコメディはおっしゃるように初めてで、コメディは奥が深い! 難しかったです。初めてだったので感覚をつかめるまでに時間もかかりましたが、コメディのテンポを重視したり、テンションがすごく高い女の子だったので、それをずっとキープするために撮影に入る前に常にトップギアに入れておかないといけなくて。朝すごく早かったり、前日に撮影がおして睡眠時間が短かったり、そういう状態で朝イチの撮影でガッ! と気分を上げておかなければいけなかったりしたので、そのサジ加減はすごく難しかったです。

――そのテンションは、どうやってキープしたのですか?

もう気合いですね(笑)。それだけです。自分の中での自己発電ですよね。いま考えると、ほかの何かで気分を上げる方法あったのかなって思います。それこそ音楽を聴いたりする方法もあったかも知れないですが、そういう余裕さえなかった。そういう考えさえ浮かばなかったですし、とにかく自己発電でアゲていくしかないという、気合いだけでした。

――大変な作業であった半面、コメディを作る面白味は感じましたか?

人を笑わせること、面白かったと言ってもらえることって、お仕事でコメディをやったら本望だなって、すごく感じました。今まではどちらかというとヒューマン系の作品が多かったので、すごく新しい感覚でした。みなさんが私の表情を見て笑っていて、すごく新鮮でした。自分が表現することで笑いにつながることが、幸せだとも思いましたね。だから、お笑い芸人さんが自分の芸で笑ってもらうことって本望だと思うので、そういう気持ちなのかなって、ちょっとわかったような気もしました(笑)

――主人公のキャラクターは見栄っ張りでしたが、どのように役に近づいて行ったのですか?

もともと原作の大ファンで、共感する部分がたくさんあったので、そこは入りやすかったです。あとは彼女のテンションや熱量を絶対に落とさないことと、セリフですね。彼女は異様に早口なので、セリフ回しをとにかく練習しました。ただ、彼女は見栄っ張りではあるけれども、すごく一生懸命に生きている女の子でもあるので、そこは忠実に、私も一生懸命にやりたいという気持ちで挑みました。

――どういうきっかけで原作と出会ったのですか?

4年くらい前です。ものすごく面白い漫画がある! とすすめられて手に取ってみたら、こんなに面白い作品があるのかって。映画化しないかなって思ったほどでした。原作では女性の友情がはかない感じに描かれていて、私もそう思う時期もありました。今32歳ですが、地元の友達が結婚して離れていってしまうことに対して、なんだか寂しさや、いろいろと感じた時期があったんです。だから、女の友情って本当にあるのかな? って思ったことはありましたね。だから、その葛藤は原作の時点で共感しましたし、アラサーのみなさんが恋愛して結婚して離れ離れになっていくという気持ちは、すごくよくわかります。

――でも女同士の友情もあると、思い直した?

自分は結婚もしていないし、子供もいないのでわからなかったんですけど、結婚して子供が生まれた友達といつものように会えなくなると、寂しくなって、私の中で勝手に儚い、つれないなって思ってしまった。家庭を持ってしまうと女性はそうなるのかって、自分の立場でしか物事を見ていなかったんです。向こうにしてみれば、それが普通で当たり前の幸せなんですけどね(笑)。やはり昔みたいな付き合いができなくなるのは寂しいですよ(笑)。でも女同士の友情はあると信じたいです。

――よく世間では、女性は横を見て比べてしまうなどとも言いますが。

そうですね。だからよくある仲がいい子同士でも、ご主人の収入、職業、そういうもので女性たちは、基本的にはマウンティングを取りたがる生きものだとは思います(笑)。でも、私の仲がいい友達同士ではそういうことをしない。そのままの自分でいられるから、良いところも悪いとことも見せられる。それは本当の友達だなって思います。

●父・長渕剛への尊敬「ずっと追いかけていきたい」

――ところで、そのもっと前、2014年頃ですが、芸名を変えられて、下の名前だけにされたと思いますが、そこにはどういう思いがありましたか?

深い理由はないんです。不便だったんです。

――不便?

そうです(笑)。長渕文音で最初にデビューして、2012年~14年までニューヨークに行っていて、そこでたくさんの演劇を学び、帰国するわけですが、日本の現場では常々思っていたことは、すごく単純なことなのですが、「長渕さん!」と呼ばれるわけですよ。「長渕さん入ります!」と現場で言われると、これが父のことを指す固有名詞になっていて、「長渕さん」と聞くと、頭の中に絶対「剛さん」が出てきますよね? それがすごく違和感というか、回りもざわついちゃうんです(笑)

――おっしゃるとおりですね。まず連想しますね。

そういうことが多々ありまして、同一人物が同じ業界にいたら名前を変えるみたいな、そういう感覚で改名しました。

――事務的な理由という(笑)

そうですね(笑)。苗字を取って独り立ちしてやろう、みたいなことではなく、周囲がざわざわすることが連続したので、それでただ変えただけです。

――我々素人の想像では、巨大な苗字が重いからとか、そういう勝手な想像をしていました。

ないです、ないです。固有名詞として成り立ってしまっているので、そういう意味でのやりにくさみたいなものを解消したかっただけです。

――今回のように主演作が決まった際に、ご報告などされているのでしょうか。何かアドバイスなどはありましたか?

私ももう大人なので、デビュー当時に比べたらアドバイスなどはないですね。ノータッチです。だから今回もまったくなかったです。基本的に、両親はほめないんです。この歳になるとあまり注意してくれる人もいないですし、ダメ出ししてくれる存在のほうがありがたい。それが私にとっては、両親。詳細には言わないですが、「もうちょっとあの芝居、考えたほうがいいんじゃないの?」みたいなことは言われるので、ありがたいなって思っています。

――ご両親の言葉で心に残っている一言はありますか?

デビュー前ですが、とにかく礼儀はちゃんとしなさいと。あいさつはちゃんとするように両親に言われました。俳優として、というより人としての礼儀です。そのあたりは、めちゃくちゃ厳しいです。礼儀、あいさつ、義理人情。そういう教育を受けて育ちました。

――そういうご両親の影響が、自分の表現に出ているなと思うことはありますか?

あります。母が仕事をしている姿は見ていないのですが、父親がひとつの作品に立ち向かう姿は見ていました。彼は本当にストイックだし、一切の妥協をしないし、自分が納得するまでとことん追求する性格なので、それは血として少なからず、私の中に入っているような気はします。

――あれだけの人々を感動させる音楽は素晴らしいですよね。

すごいと思います。私もひとりのアーティストとしてすごく尊敬していますし、本当に偉大な父親だと思っていますし、本当に背中が大きいんですよ。ずっと追いかけていきたいなって思っています。

――こういう女優になりたいみたいな目標はあるのですか?

なんでも器用にこなせればよいのですが、私は器用じゃないというか、すごく不器用なんですよね。だから不器用なりにいろいろなことができればいいなと思います。デビューの頃から言い続けていますが、リヴ・タイラーが大好きなんです。今彼女は表舞台に出ていないのですが、『アルマゲドン』でヒロインをやり、お父様(スティーブン・タイラー)がテーマ曲を歌っていて、あの関係性がすごくうらやましかったんです。

――なるほど、関係性が似ていますね!

もうそっくりなんです(笑)。彼女はリヴ・タイラーで名をとどろかせたわけですから、彼女の生き方がすごくかっこいい。生き方にロックなテイストも入っているし、少なからずお父さんの影響もあるのだろうなと思いながら、それはデビュー当時から変わっていない夢ですね。いつか私の作品で、主題歌やってもらえたらいいな(笑)

■プロフィール
文音(あやね)
1988年3月17日生まれ。東京都出身。父はシンガーソングライター・俳優の長渕剛、母は女優の志穂美悦子。2008年10月公開の映画『三本木農業高校、馬術部』(監督:佐々部清)の主役として女優デビュー。第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。2012年9月から1年半、ニューヨークへ演劇留学し、帰国後はドラマ・映画と女優としての活躍を広げた。近年の主な出演映画に『八重子のハミング』(16)、『イタズラなKiss THE MOVIEシリーズ』(16/17)、『ばぁちゃんロード』(18)などがある。本作『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』でコメディに初挑戦した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ