相葉雅紀が二宮和也を膝枕でお菓子を流し込む 嵐の「スイーツ部」動画が癒し!

wezzy

2020/7/31 08:00


 が「スイーツ部」の動画をYouTubeに投稿し、ファンから「癒される」との声が続出している。

「スイーツ部」とは、嵐の甘い食べ物が好きなメンバー・大野智と相葉雅紀が発足したもの。コンサートの楽屋では差し入れのスイーツを食べることが習慣になっているといい、コンサートのMCでは食べたスイーツの感想を語るそう。大野と相葉が美味しそうにスイーツを頬張る姿は、『嵐にしやがれ』の「デスマッチ」でも恒例だ。

さて、今月28日から29日にかけてYouTubeで公開された「スイーツ部」の動画は、「セルビア編」「イタリア編」「メキシコ編」「アメリカ編」の4本。なお、動画はコロナウイルスが流行する前にロサンゼルスで撮影されたものだそうだ。

出演者は相葉雅紀と、なぜか部員ではない二宮和也。相葉いわく、世界のお菓子を食べて、美味しかったものを部長である大野智に報告する企画だから。二宮は上手にレポートできるのだろうか。

「セルビア編」で用意されたお菓子は4つ。二宮と相葉はまず、<これ見たことあるよね><お菓子は全世界共通なんじゃない?>と言いながら、日本でもお馴染みの「キットカット」のようなチョコレートを試食する。やはり食べたことがある味だったようで、二宮は<(セルビアでも)暮らしていける>と自信を持ったようだ。

続く「イタリア編」の冒頭、二宮は<部長がいないんだったらやってもしょうがないって~>と乗り気ではない様子。しかし、いざ食べ始めると真剣に食レポをし、最終的に部長に食べさせたいお菓子は、二宮、相葉共に「菓子パンのようなもの」で意見が一致した。

3本目の「メキシコ編」では、日本では見かけないような珍しいお菓子が登場。容器から絞り出すかたちのお菓子を試食する際は、なぜか二宮が相葉を膝枕し口に流し込む。また、温泉まんじゅうのような見た目のお菓子は、甘党の相葉でも<甘い……>と絶句するほどの甘さだったようだ。

ラストの「アメリカ編」では、色の付いた丸い小さなチョコのような見た目の菓子を試食。メンバーカラーということから相葉は二宮に黄色のものを手渡すが、なんとチョコではなくレモン味のお菓子だったよう。二宮は<麦茶だと思って飲んだら麺つゆだったやつ>と驚きを表現していた。

ちなみに、二宮は甘いお菓子よりもしょっぱいお菓子の方が好きなようで、「アメリカ編」では<(この企画の中で)初めて出てきた、スナック系が>と嬉しそうに、トルティーヤチップスをパリパリ……。やはり彼は「スイーツ部」ではないようだ。

一見、相葉と二宮がお菓子を食べているだけのようだが、至るところで二人の個性や仲の良さが垣間見える動画に、嵐ファンからは「空気感が可愛すぎる」「今週一番の癒しだった」など、絶賛する声が殺到している。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ