三浦春馬さん出演TBSドラマ、代役立てず9・15スタート「非常に多くのご要望を…」


18日に亡くなった俳優の三浦春馬さんが撮影に参加していたTBS系ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜22:00~)が、代役を立てず、9月15日より放送されることが31日、明らかになった。一部台本を書き直して撮影を進めていくという。

プロデューサーの東仲恵吾氏は「皆様から、三浦春馬さんが演じたこのドラマを観たいという非常に多くのご要望をいただきました。それにお応えするべく、キャスト・スタッフ一丸となり作り上げた作品をお楽しみいただけるように、誠心誠意努めて完成させていきます。また、松岡茉優さんをはじめとした出演者と共にドラマを完結させるべく、 一部台本を書き直して撮影を進めていく予定です。是非とも、最後まで『カネ恋』をよろしくお願いいたします」とコメントを寄せた。

本作は、脚本家・大島里美氏が手掛ける完全オリジナル“じれキュン”ラブコメディ。1円まで清く正しく美しく、モノや恋に一途で、すべて計算通りの「清貧女」・九鬼玲子(松岡茉優)と、欲しいものには一直線でお金を使うことになんの迷いもなく、予定は未定な「浪費男」・猿渡慶太(三浦春馬)という、金銭感覚が両極端な2人が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになる、おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられる。

清貧女子、浪費男子をはじめ、自分に投資しすぎ女子、ドケチ節約男子など、お金の使い方や人としても“ほころび”だらけの男女が登場。玲子が15年間片思い素続ける初恋の相手・早乙女健を三浦翔平、玲子と慶太が勤めるおもちゃメーカーで慶太の後輩で、玲子に片思いするドケチ節約男子・板垣純を北村匠海が演じる。

(C)TBS

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ