香取慎吾が演じる新キャラ“舎人真一”が愛される理由とは? 三谷幸喜演出・脚本Amazon Originalドラマ『誰かが、見ている』初映像を解禁

SPICE

2020/7/31 06:00


Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』の配信が9月18日(金)にスタートすることが決定。あわせて初映像が解禁された。

『誰かが、見ている』は、Amazonが企画から参加し、製作される日本オリジナルドラマシリーズ第一弾。三谷幸喜氏が脚本・演出を手がけ、香取慎吾が主演するシットコムで、何をやっても失敗ばかりの主人公・舎人真一と、書斎の壁に偶然発見した“穴”から真一の生活をのぞき見する隣人・粕谷次郎を中心に巻き起こる騒動を描く。

香取が演じる黄色いつなぎがトレードマークの舎人真一は。誰も予想できない失敗を繰り返すが、人間味とユーモアに溢れ、誰からも愛される魅力を持つ人物。そんな舎人の面白さに気付いた隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)は、彼の日常をこっそりのぞき見することがひそかな楽しみにしていたが、ある日、娘のあかね(山本千尋)にバレてしまい慌てふためく。しかし、あかねもいつの間にかすっかり舎人の虜になってしまい、次郎が考えもしなかった、あるとんでもないことを思いつくという。


“舎人真一”のキャラクターを生みだした三谷は、「舎人真一君は、ただ生きているだけで面白い。そういうキャラにしたかったのですが、そんな役を演じられる俳優は日本に一体何人いるんだろうと思います。喜劇俳優・香取慎吾の本領発揮です」とコメント。演じた香取自身も「三谷さんの作品だと周りに振り回される役が多かったのですが、今回は舎人がトラブルメーカーみたいな役だったので僕にとっても挑戦でした」と明かしている。

ドラマシリーズ『誰かが、見ている』は2020年9月18日(金)はAmazon Prime Video にて独占配信。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ