【エヴァ】ミニチュア都市「第3新東京市」の住民権を購入して住民になってみた! SMALL WORLDS TOKYO



大好きな作品の世界に入り込むことができたら……。そんな願いをかなえてくれる場所が東京・有明に誕生した。「SMALL WORLDS TOKYO」は、世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク。ここには、『新世紀エヴァンゲリオン』と『美少女戦士セーラームーン』の舞台を再現したジオラマが展示されており、フィギュア付きの住民権(1年間)を販売している。

これを購入すると、ジオラマに自分のフィギュアを設置してもらえるのだ。つまり街の住民になれる! 実際に購入してジオラマに自分フィギュアを設置してもらったところ……。いる! エヴァの世界、第3新東京市に自分がいるじゃないか!!

・第3新東京市のジオラマに自分がいる!
施設は6つのエリアに分かれている。エヴァの第3新東京市はそのうちのひとつだ。詳しい施設の様子については以前紹介した記事を参考にして頂きたい。

私(佐藤)のフィギュアの設置場所は第3新東京市。このジオラマは、作品の主人公碇シンジたちが住む「旧市街」と、特務機関NERVの本部がある「新市街」に分かれている。フィギュアの設置が可能な場所は旧市街だ。私は新強羅駅前にあるローソンの前、店の出入口付近に設置してもらえるようにお願いした。

自分のフィギュアは約2センチ(80分の1サイズ)。精巧に作られたジオラマのなかで、たった2センチの自分を見つけるは意外と難しい。どこにいるんだ。ローソンはあるんだけど……。

店舗の出入口付近を見てみると……。

いた! ここにいたッ!!

店の前でボサっと突っ立ってる邪魔くさい男、これは間違いなく私だ。

・80分の1のフィギュアを持ち帰ることができる
フィギュア付き住民権プログラムは、ジオラマに自分のフィギュア(80分の1サイズ)を設置してもらえるだけでなく、35分の1サイズのフィギュアを持ち帰ることもできる。以前の記事を執筆した際に「無着色のフィギュア」がついてくると紹介していたのだが、利用者からのリクエストで「着色フィギュア」に変わったそうだ

小さいけど、自分であることがわかるぞ。メガネや腕時計の色まで忠実に再現されている。すごい!

他のジオラマには、このフィギュアを使って撮影できるスポットが用意されている。専用の撮影台にフィギュアを置いて、スマホやデジカメで撮影すると、その場に自分がいるような “映える” 写真を撮ることができるぞ。

・購入期限に注意
ひとつだけ気を付けて欲しい。フィギュア付きの住民権プログラムは、販売期間と価格がエリアによって異なる。以下にその内容をまとめたので、購入を希望する人は確認して欲しい。

エヴァンゲリオンエリア
第3新東京市エリア 大人1万9800円、高校生以下1万7600円 (販売終了日 2020年7月31日)
格納庫エリア 大人1万9800円、高校生以下1万7600円 (販売終了日 2020年7月31日)

宇宙センターエリア・世界の街エリア・関西国際空港エリア
大人1万2630円、高校生以下1万760円 (販売終了日 2020年7月31日)

美少女戦士セーラームーンエリア
大人1万9800円、高校生以下1万7600円 (販売終了日 2020年8月31日)

なお販売終了日が7月31日のものに関して、9月30日(購入後2カ月)までに来場すれば良いそうだ。つまりネット上で購入を済ませておいて、あとから訪問するという手もある。第3新東京市に住みたいという人は、決断を急げ!

・今回訪問した施設の情報
名称 SMALL WORLDS TOKYO
住所 東京都江東区有明1丁目3−33 有明物流センター
営業時間 10:00~21:00(日によって時間が前後するので、カレンダーを確認推奨)
定休日 なし

参考リンク:SMALL WORLDS TOKYO
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ