『マスタード』が好きすぎるので自作してみた → 材料は3つだけ、しかも入れて混ぜるだけでOK



マスタードは、なんぼあっても足りすぎるということはない。ありとあらゆる食材に合うだけでなく、単体でも十二分に楽しめるからだ。また酒のアテとしても最強だと感じており、マスタードさえあれば無限に飲める(ような気がする)。

そんな記者であるが故に、市販のマスタードでは量が足りなくなることがままある。大きな瓶詰を買っても、あっちゅー間にカラになってしまうのだ。こうなれば……作るしかない! ということで、今回はマスタード作りに挑戦だ。材料や手順は、とってもシンプルだぞ。

・材料は3つだけ
マスタードと言えば、粒状のものとペースト状のものとがある。まあどっちも美味しいが、記者はプチプチ食感が好きなので粒状を愛用している。よって今回作るのも、粒状のマスタードだ。

市販のマスタードの原材料を見ると、色々と入っているようだ。しかしまずはシンプルにやってみようと、用意したのはたったの3点。ブラウンマスタードシード・イエローマスタードシード・白ワインビネガー、以上である。

【材料】

ブラウンマスタードシード:適量
イエローマスタードシード:適量
白ワインビネガー:適量

【作り方】

1. ブラウン・イエローマスタードシードを小1時間水につけ、膨らませる。

2. 1が膨らんだところでざるに取り上げ、水をしっかり切る。マスタードをボウルなどに入れ、少しだけ潰す。

3. 煮沸した瓶に2を入れ、白ワインビネガーを加える。割合はブラウンマスタードシード、イエローマスタードシード、白ワインビネガー、が1対1対2くらいを目指す。

4. 常温と冷蔵庫で2~3日寝かして完成。途中で味見をして塩やターメリック、はちみつなどを好きに加えても良し。

・食べてみた
ご覧の通り、とても簡単だ。さっそく食べてみると……なにやら、ちょっぴり苦い。サラッと調べてみたら、どうやら酸度が問題であるらしい。「市販のものはよくできているんだなあ」と、思わず感服する仕上がりとなった。

しかし慣れると、苦味もさほど気にならないものだ。料理に使うのであれば、なおさらである。むしろ、この方が美味しいかもしれないとさえ思えて来るほどだ。なにはさて置き、あらゆるものにチョイ足ししてマスタードを楽しむ日々を送っている。

自作マスタードのなによりのメリットは、手間をかけずして一度にたくさんできること。加えて、量を気にせず使えるところが良い。まだまだマスタードシードは残っているので、様々なスパイスを加えるなどして、オリジナルマスタード作りに励もうと思っている次第である。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ