エリア51、長期企画『KAMOME』より第一弾となる「家」のキャスト&ビジュアルが解禁

SPICE

2020/7/30 19:00



#拡大するアートチーム エリア51が、アントン・チェーホフ作「かもめ」を、「家」「喪」「女」の3パートに分けて解体・考察し、2020年秋から2021年にかけて上演する長期企画『KAMOME』。この度、第一弾となる「家」の出演キャスト・公演ビジュアル、公演情報が解禁となった。

「かもめ」(1895)は、ロシアの作家アントン・チェーホフの代表的戯曲。作家志望のトレープレフと女優をめざすニーナという若き二人の恋を中心に、夢と生活、恋愛と結婚、人間関係の縮図が描かれる。エリア51は舞台を現代日本に置き換え、物語を3つの要素を中心に再解釈し、3種のパフォーマンスとして上演する。

第一弾の「家」は、トレープレフ視点で「かもめ」を換骨奪胎する。テーマは“生活”。会場であるrusu=民家を借景し、生活の中で起こる演劇を展示する。観客は、生活の断片であるプロップス(展示品)を観賞し、そこから展開される演劇を追体験していく。
 (上段左から)円井わん、門田宗大、高田歩、山崎まりあ(下段左から)トムキラン、土屋いくみ、森田ガンツ、植木広子
(上段左から)円井わん、門田宗大、高田歩、山崎まりあ(下段左から)トムキラン、土屋いくみ、森田ガンツ、植木広子

トレープレフ役はエリア51に所属し、映画『今日から俺は!! 劇場版』に出演や、主演映画『赫くなれば其れ』の撮影を控えている、門田宗大。ニーナ役は看護師と平行して映画『レミングたち』に出演し、2020年4月から本格的に女優の道に入った高田歩。マーシャ役は、2019年タリンブラックナイト映画祭で主演映画『KONTORA-コントラ』が日本映画初のグランプリと音楽賞の二冠を獲得した円井わん。シャムラ―エフ役は猫のホテル・なかないで、毒きのこちゃんの2劇団に所属し、舞台、テレビドラマ、映画など幅広く活動する森田ガンツ。ポリーナ役はノゾエ征爾演出の野外劇『吾輩は猫である』、深川とっくり座『新・目黒のさんま』などに出演の植木広子。アルカージナ役は『「トウキョーの夜」の朝』『渇望』など映画、ドラマ、舞台で活躍する土屋いくみ。ソーリン役は還暦を超えてから俳優を志し、2019年から舞台や映画を中心に、コンスタントな活躍をしているトムキラン。少女役はエリア51旗揚げ公演『ノゾミ』で主演を務め、2020年に映画『冷たくて熱い』の公開が控えている山崎まりあ。なお、トリゴーリン、メドヴェージェンコ、ドールンは、「家」には出演しない。3名のキャストは「喪」公演前に発表するとのこと。

本公演は、2020年9月17日(木) ~ 9月23日(水)東京・目黒のrusuにて上演される。チケットは8月17日(月)より発売開始となる。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ