松田聖子、薬師丸ひろ子から渡辺満里奈、市川実和子まで…女性シンガーが歌った大滝詠一の名曲たち

TOKYO FM+

2020/7/30 19:00

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週水曜日は、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんとお届け。7月29日(水)の放送では、故・大滝詠一さんが女性アーティストに提供した曲を特集しました。



高橋芳朗さん(右)とパーソナリティの高橋みなみ

2013年に65歳で逝去した大滝さんの誕生日は、7月28日。今年3月にはデビュー50周年記念アルバム『Happy Ending』がリリースされるなど、大滝さんの素晴らしい音楽はいまも多くの人たちの心に響いています。数々のアーティストに楽曲を提供していますが、この日は女性アーティストに絞って紹介しました。

◆「あなただけI LOVE YOU」須藤薫
松任谷由実さんや杉真理さんとのコラボレーションでも知られる須藤薫さんの曲。作詞・作曲・編曲すべてを大滝さんが手掛けています。恋人との待ち合わせに向かう女性の心情をつづった歌詞が印象的。たかみなは、「凝縮した歌詞が素敵」とつぶやきました。

◆「ブルー・ベイビー・ブルー」太田裕美
作曲・編曲を大滝さんが担当。大滝さんが太田さんに提供した曲といえば、1980年の「さらばシベリア鉄道」が有名ですが、あえてこの曲を選んだと芳朗さん。「日が当たらないけど、めちゃくちゃいい曲です」と薦めた理由を話しました。

◆「一千一秒物語」松田聖子
今回紹介した曲は、ポップ音楽の分野で大きな功績を残した音楽プロデューサー、フィル・スペクターが生み出した音楽制作技法「ウォール・オブ・サウンド」の影響を受けたものが多数。なかでもこの曲はそれが色濃く反映されているそうで、芳朗さんは「目にお星さまが灯るような曲」と太鼓判を押します。

◆「すこしだけやさしく」薬師丸ひろ子
「探偵物語」のカップリング曲で、当時の売り上げは84万枚。芳朗さんは「どちらの曲も秀逸で最強のシングル。薬師丸さんの、寄り添っているのか、突き放しているのか感情が読み取りにくい(のが面白い)」と、本盤の魅力を熱弁。

◆「うれしい予感」渡辺満里奈
アニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)の主題歌として有名な同曲は、作曲が大滝さん、作詞は故・さくらももこさん。「こちらもフィル・スペクターの影響を強く受けています」と芳朗さん。

◆「ポップスター」市川実和子
作曲・編曲を大滝さんが担当。子ども向け番組「ポンキッキーズ」(フジテレビ系)に出演していた女優・市川実和子さんと番組とのタイアップ企画で1998年につくられた曲です。大滝さんは市川さんの声を気に入り、翌年1999年にも楽曲を提供しています。ノリのよいウエスタン調のサウンドに、リスナーからも「廃盤で手に入らないので聴けてうれしい」との声が届きました。

そのほか、吉田美奈子さんの「夢で逢えたら」や山口百恵さんの「哀愁のコニーアイランド」なども紹介。リスナーからは「いまでも大滝さんが作曲した名曲の数々を聴いては口ずさみ、音楽の素晴らしさを実感しています」など、大滝さんを偲ぶ数多くのメッセージが寄せられました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年8月6日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ