尾木ママが「変人担任」に警鐘 暑い教室でエアコンを入れないのは「教室虐待では?」

夏の暑さが本格的になってきたが、今年は新型コロナウイルス対策のためマスクを着用することでさらに暑く感じる。厚生労働省は熱中症予防のため屋外で周囲の人と2メートル以上離れていればマスクを外すことを推奨しており、状況に応じた配慮が必要だ。教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏は7月30日にブログで、家庭や学校でも子どもに熱中症を予防するための「マスクとの付き合い方」を教えるように呼びかけた。さらに尾木氏はこの暑さなので、学校の教室ではエアコンのスイッチを入れるよう訴えている。

かねてから学校にエアコンを設置するべきだと主張していた尾木直樹氏。2018年7月24日にはブログで「自治体任せではなく国が率先してエアコンの設置を進め学習・生活環境整備に力を入れるべき」、「学校は豪雨被害など緊急時の避難所でもありその整備にもなる」といった趣旨を訴えており、さらに菅官房長官が記者会見で「猛暑対策として夏休み延長を検討する。クーラー設置を来年までには完了する」と表明したことを取り上げていた。

学校におけるエアコンの設置は一定進んだものの、この夏は新型コロナウイルス対策が加わって暑さ対策はさらに大変だ。尾木氏は6月11日に「30度超える猛暑の中 教室のドア突破らって風通しよくしても 何故エアコン入れないの!」と今度はエアコンの使用状況について訴えた。ウイルス対策で「3密」を避けるため窓を開けて風通しをよくするので、エアコンは使わないと判断する先生もいるのだろう。

尾木氏は「恐らくクラス担任によって違うのではないでしょうか?」と考えており、緊急事態で心身ともに疲れている子どもたちを気遣って「エアコンのスイッチ入れてやれないのでしょうか?」、「子どもたちのことより大切なことって学校にあるのでしょうか?」と疑問を呈した。

そうしたなか夏本番を迎え、尾木氏は7月30日に「この暑さの中 担任によってはエアコンのスイッチを入れない『変人』がどの学校にも1人2人います」と持論を述べている。

本来ならば今年7月22日から開催される予定を1年延期した『2020年東京オリンピック』だが、昨年11月にマラソンと競歩については猛暑による影響を考慮して開催地を東京から北海道・札幌に変更したことは記憶に新しい。

それほど夏の暑さが深刻な問題となるなか、尾木氏は「エアコンのスイッチを入れないこの種の変人担任」という表現まで用いて強く訴えるしかないと考えたのではないか。エアコンの使用について「例年ならお話ですみますが、今年は違います 健康破壊に繋がり兼ねません いや、命にかかわる熱中症の心配が大きいです」、「わが子の担任は大丈夫でしょうか? よく見てあげて下さいね 明らかに【教室虐待】ではないでしょうか?」と警鐘を鳴らすのだった。

ブログ読者からは「もう誰のためになにをやってるんでしょうか…自分がやれるからといってそれを押し付けるっていうのは大間違い。生徒のためにすべてはあるんですよ…教室虐待、よく言ってくれました」と共感する声が寄せられた。

他には「我が家の子どもが久々に昨日学校に行きましたが、迎えに行くと顔面蒼白。すごく焦りました」という親から、教室は生徒がぎっしり入った“密”の状態で窓を開けてエアコンをつけていたが「久々に行った子にはキツかったと思います」という声や、「息子の高校は3年生の教室にしかエアコン設置されてないので、そもそもエアコン自体がありません」という情報が見受けられた。

画像は『尾木ママ(尾木直樹) 2020年7月9日付Instagram「富士山の美しい「とくダネ」スタジオにて」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ