お盆を「家で過ごす」派は4割、GoToキャンペーン予定者は?


ネクストレベルは7月30日、「2020年8月のお盆休み&夏休みの過ごし方」に関する調査を発表した。調査は7月22~25日、18~49歳の全国の男女436人を対象にインターネットで行われた。

調査結果は以下の通り。まず「8月のお盆休みをどのように過ごすか」を尋ねると、「家で過ごす」(43.1%)、「買い物に出かける」(17.1%)、「仕事をする」(10.3%)、「実家へ
帰省する」(9.9%)、「屋外のレジャー施設で過ごす」(3.9%)、「観光地へ旅行」(2.8%)、「恋人や友人の家で過ごす」(2.6%)、「屋内のレジャー施設で過ごす」(1.6%)、「まだ決めていない・その他」(8.7%)という結果だった。

そして、具体的な過ごし方としては、ステイホーム派では、「家で小さいプールで子どもと遊ぶ予定」(愛知県/40代男性)、「夏休み・お盆は同居する夫が遠方へ出張のため、一人で家で過ごす予定」(広島県/30代女性)、「兄の家族と我が家の庭でBBQをする」(滋賀県/40代男性)、「友人宅でパジャマパーティー」(東京都/30代女性)などの声が寄せられた。

また、外出派では、「少人数でランチに行ったり、屋内プールに行ったりします。恋人が東京に転職しましたが会いに行けないので、退屈な夏休み、盆休みになりそう」(宮崎県/20代女性)、「自転車で半径20キロメートル圏内をあちこち探索」(神奈川県/40代男性)などがあった。

さらに「GoToトラベル・GoToキャンペーンの利用予定」について聞くと、「利用しない」(83.3%)、「利用しようか迷っている」(12.8%)、「利用を決めている」(3.9%)となった。

なお、「状況次第で出かけたい」というコメントでは、「普段なら実家へ帰省しますが、今年は悩んで決めかねています」(栃木県/40代女性)、「状況次第では友人と出かけたりもしたいと思っています」(東京都/30代女性)、「家でできる趣味をして過ごす予定。状況次第では県内の観光に行くかもしれない」(神奈川県/40代女性)などが寄せられている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ