混同されがちな特殊部隊「SIT」「SAT」の違い

ラジオライフ.com

2020/7/30 16:05


警察の特殊部隊には「SIT」と「SAT」があります。1字違いのSITとSATは似ているように思われますが、実際は似て非なるもの。SITは犯人の身柄確保が優先ですが、SATは現場の危機的状況を狙撃などで排除することを大前提としています。混同されがちなSITとSATの違いに迫ってみました。

混同されがちな特殊部隊「SIT」「SAT」の違い

SITは刑事部にある捜査一課の一部署


「SIT」の正式名称は「刑事部捜査一課特殊犯捜査班」で、各警察本部の刑事部に設けられた捜査一課の一部署です。主な任務は誘拐事件などの捜査と人質救出になります。

SITの略称の由来は少し変わっていて「Sousa Ikka Tokusyuhan」。つまり「捜査一課特殊班」のローマ字表記の頭文字からきているものです。

ただし、部隊腕章には「Special Investigation Team」という文字を表記。これは在外公館勤務経験者の捜査一課管理官が、SITを「Special Investigation Team」の略と解釈してしまい、それが公式化したというのが定説です。

この特殊犯捜査班の呼び名は警察本部によって、違う場合もあります。埼玉県警は「STS(Special Tactical Section)」、千葉県警は「ART(Assault and Rescue Team)」、神奈川県警が「SIS(Special Investigation Squad)」、大阪府警が「MAAT(Martial Arts Attack Team)」といった具合です。

SATは短機関銃など高性能の銃器装備


SITと1文字違いの「SAT」は、銃器を扱う部隊なのでよく混同されますが、SATの正式な名称は「特殊部隊」。英語表記の「Special Assault Team」から「特殊急襲部隊」とも呼ばれます。

SITのように各警察本部には配備されておらず、SATは警視庁、千葉県警、神奈川県警、愛知県警、大阪府警、福岡県警、沖縄県警に編成。所属は機動隊と同じ警備部です。

SATとSITには決定的な違いがあります。SITの任務は人質救出と犯人逮捕ですが、SATはテロリストなどのプロの犯罪集団や犯罪組織を相手に立ち向かうことが任務。警備部の実行部隊であるため捜査などは行わず、場合によっては説得や交渉を省いた犯人の射殺も可能です。

そのため、SATは短機関銃や狙撃用ライフルといった高性能の銃器を装備し、防弾ヘルメットや防弾ベストなどの防具類も充実しています。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ