知人男性の車にガソリンを撒いた女、着火した途端に爆発し火傷を負う(米)<動画あり>

悪い行いをした直後に災いがすぐに降りかかることを「インスタント・カルマ(即座の因果応報)」と呼ぶが、このほどアメリカで知人男性の車に火を放った女が自分も顔に火傷を負ってしまった。『WJAX-TV』『FOX 2 Detroit』などが伝えている。

米ミシガン州マコーム郡ユニオン・レイク・ロードにある駐車場で今月22日午前8時頃、黒いジープが燃えていると通報があり、マコーム郡保安官事務所の保安官と消防隊が駆けつける事態となった。

ジープは何者かによって火を放たれたようだが、マコーム郡保安官事務所は目撃情報や目撃者が撮影した動画をもとに犯人を割り出し、シドニー・パルハム(Sydney Parham、26)という女を逮捕した。

付近の住民によって撮影された動画には、黒いパーカーのフードを深く被ってマスクをしたシドニーが、ジープの後部座席の窓からガソリンらしきものを車内に注ぐ様子が捉えられていた。

そしてシドニーが多目的ライターを着火させた瞬間、大きな爆発音とともに炎が彼女を襲った。シドニーは爆風の勢いで地面に倒れるも、その後慌てた様子で這ったまま逃走した。

撮影者もあまりの爆発音の大きさに驚いたのか、カメラを持つ手が揺れて映像が一瞬乱れている。この時シドニーは顔などに軽い火傷を負ったが、一部メディアは「シドニーにインスタント・カルマが下った」と報じた。

シドニーは当初、被害にあったジープの所有者エイヴリー・スティーヴンソンさん(Avery Stevenson)の恋人ではないかと言われていたが、エイヴリーさんはこれを完全に否定しつつも知り合いだったことは認めている。しかしエイヴリーさんに思い当たる節がないようで、「なぜ彼女がこんなことをしたのか分からない」と話しているという。

ちなみにエイヴリーさんは3か月前にジープを購入したばかりで、車内にあった彼の娘の物などが全部燃えてしまったとのことだ。

逮捕されたシドニーは2万ドル(約210万円)の保釈金を支払って釈放されているが、第3級の放火罪で起訴され、来月5日に出廷する予定だ。

画像は『WJAX-TV 2020年7月26日付「Woman blown back in explosion after setting Jeep on fire arrested, deputies say」(Macomb County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ