自宅でリモート視力検査をして度付きメガネを作れる時代がやってきた!

Screenshot2020-07-28at11.33.59
Image: ビジョナリーホールディングス

メガネやさんに行かなくてOK。

ビジョナリーホールディングスは、リモート視力検査ができるポータブル検査キットを発表しました。これにより、完全リモートでの度付きメガネが作れるんです。

このリモート視力検査システムは、指定された場所にレフ(他覚的屈折測定機)、レンズメーター(現在使用中のメガネのレンズ度数を計測する機材)、フォロプター(自覚的屈折検査機)、専用ソフトをインストールしたスマートフォンとプリンターが送付されます。そして検査専任コンシェルジュに指導の下、視力を測定します。

以前はZoomでの視力測定システムも提供


同社は、以前にもZoomを利用した遠隔視力測定システム「お家でコンシェルジュ」を実施していました。しかしこちらでは裸眼視力と矯正視力しか測定できず、不完全だったんですよね。ですので、今回のように測定キットを送付することとなったのです。

遠隔システムのメリットはなんといっても、ソーシャルディスタンスを確保できること。多かれ少なかれ、外出には新型コロナウイルスの感染リスクが伴います。ですので、このキットが活躍する場面も十分にあることでしょう。

リモート視力検査システムの価格は4,000円(税抜)で、この価格には機材往復送料と「お家でコンシェルジュ」スタッフによるサポート費が含まれています。測定所要時間は約60分(セットアップ含む)と、結構お手軽にできる印象。新スタイルのメガネ作り、ちょっと体験してみたいものです。

Source: ビジョナリーホールディングス(PDF)

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ